hirali 手ぬぐい


裏も愉しむ、リバーシブル

想像してみてください。手ぬぐいのような薄い生地を染料で染める。

通常片面から染める、しみ込み裏面にも同じ色が出ると思いませんか?

普通は両面同じはずなんですが、hiraliでは裏も愉しめるリバーシブル。

もちろん生地に顔料乗せるプリントなら両面違うデザインにはできます

でも手ぬぐいの良さである和晒しとしての質感の良さはなくなってしまいます。

手ぬぐいは肌に触れるもの。hiraliには染色だからこその肌触りの良さがあります。

hirali 手ぬぐい


かさね色目

四季のある日本。四季は美しい風景を生むと同時に日本人の美的感覚を育みました。

季節の移り変わりを感じとり、自然の彩りを衣類にも取り入れるようになりました。

平安時代十二単が生まれ、表地と裏地を重ねた時に生まれる色合いを楽しみました。

重ね色目とはこうした和装の色彩に対する考え方なのです。

どうりで日本には色の名前が沢山あるはずです。

hiraliでは表裏を愉しめる特徴から、日本の色彩の美しさで暮らしに彩りを添えます。

hirali 手ぬぐい


今の暮らしの道具として

手ぬぐいのイメージは和風のデザイン。でも、hiraliは違います。

もっと広い世代に届けたい。でも、和の良さも同時に伝えたい。

デザインの工夫と色使いの工夫で今の時代の手ぬぐいができました。

ポケットに入れても、首に巻いても、頭に巻いても、敷いて使っても

今の暮らしにここまで馴染む手ぬぐいは初めてです。

hirali 手ぬぐい


取材記ではもっと詳しく何がすごいのかをお伝えしております。

ぜひご覧ください。


hirali 職人取材記







手ぬぐい/ガーゼストール - hirali -

価格: ¥1,404 (税込) ¥2,700 (税込)
デザイン:
種類:

価格と在庫を一覧で確認する

価格:
数量:

返品についての詳細はこちら

■デザインバリエーション7種類

氷結ぶ
「氷」は冬の季語。氷が張ことを「結ぶ」と言います。日本語の豊かな感性が垣間見れます。



冬凪
冬の厳しい季節風がおさまり、海の波がおだやかになぎ渡る状態。


山眠る
静けさが漂う冬の山を形容した季語「山眠る」


風光る
春の風が光り輝くように感じられることを表す季語「風光る」


波の花
岩に打ち寄せた波が白い泡になり雪のように浜を覆う現象


菱の花
7月〜8月に白い花を咲かせることから夏の季語として知られる


秋の水
秋になると水が清らかになることから生まれた季語



■対応サービス

     



■ サイズと素材

手ぬぐい : 34cm × 90cm
一般的な手ぬぐいの幅と長さです。

ガーゼストール : 34cm × 180cm
手ぬぐいの倍の長さ、幅は同じです。

いずれも使うほどに柔らかく、肌触りが良くなっていく上質な生地を使用しております。



■ 手ぬぐいのメンテナンス

最初は多少の色落ちがありますので、始めの2~3回は他の洗濯物と分けて洗濯して下さい。
手ぬぐいの端は切りっぱなしです。すぐに乾き、雑菌がたまりにくいという利点がありますが使っていると最初は少しほつれが出てきます。でも、縫わなくても大丈夫。余分な糸をカットしていくうちにほつれが止まり、自然なフリンジ状になります。





hirali ブランド紹介
江戸時代から和晒産業が盛んであった大阪・堺市。hiraliを作る竹野染工はこの町で昭和36年の創業以来、 ロール捺染という技術を用いて手ぬぐいや浴衣、布おむつを生産してきました。暮らしのかたちが昔と大きく変わりつつある今、和晒の表も裏も知り尽くした当工場から新しい価値を備えたテキスタイルを生み出し、ロール捺染の技術を次世代へと継承していきたいと思います。   

※ロゴをクリックでブランドページへ   


ページトップへ