製造元のご紹介

製造元取材記一覧

製造元に取材をして感じることは、作り手は伝えたいこと・伝えたい想いがあるということです。
とても強い想いを持っている方もいれば、奥に秘めた熱い想いを感じる方もいらっしゃいます。

日本いいもの屋で紹介させていただいているブランドの共通点
「日本の作り手が手がけている」

「私たちが作り手のファンである」

取材をさせていただいて、どこに惹かれ、魅力を感じ、ファンになったのか。
そんな部分を伝えることが作り手を知っていただき、好きになっていただくことにつながるのではと取材記を作りました。

この取材記が、みなさまにとって日本のいいものとの出会いの場となれば嬉しいです。





SINTO TOWEL / 神藤タオル SINTO TOWEL / 神藤タオル

日本2大タオル産地のひとつ泉州タオルの製造元でもある神藤タオル。運にもめぐまれた神藤さんが引き寄せた縁で生まれた新たなタオル。どのような場所で、どのようなことを想い生まれたタオルブランドなのでしょうか。


さささ さささ/武田晒工業

現代に合うスタイルの晒をコンセプトに始まった武田晒工場のブランド「さささ」。今ではグッドデザイン賞も取ることになった和晒ロールですが、はじまりは研究熱心な社長の「もっとできることはあるんじゃないか」という考えから。


薗部産業 薗部産業

神奈川県小田原市で丁寧なものづくりに取り組む薗部産業。「無理なく、無駄なく、土に帰るまで」をコンセプトに材料から廃材にまで至って、大事にものづくりに望む姿を取材しました。


IKUTA KABAN IKUTA KABAN

ランドセルメーカーが手がけるかばんブランド。ランドセルづくりを背景に背負うにこだわったものづくり、ブランド立ち上げへの想いと苦労を取材しました。


ABE HOME SHOES ABE HOME SHOES

スリッパの産地にある阿部産業。新しい取り組みに大切なことは何か?阿部産業の阿部社長のお話にはそのヒントがありました。


nitorito nitorito

〜しかできない。ではなく〜ができる。できることを産地のために最大限生かす。若い力が新しい風を吹かせます。


台屋 台屋

産地の力。新潟燕三条。日本有数のものづくりの産地で木工技術を産地の力で現代の新しい鰹節削り器に。


池利 池利

とてもシンプルに丁寧に。長く続くものづくりではあたりまえのことが丁寧に行われています。そうめん作りの裏側も。


/fan/fun ファンファン /fan/fun

扇子、実はとても機能的な扇子。100年以上続く老舗みのや扇舗さん。なぜカジュアルな扇子を作られたのでしょうか?


テオリ テオリ

テオリの中山社長、取材してきた中でも随一の熱い想いをもたれていると感じました。竹への愛。想いの実現にはショートカットはありません。


COURT COURT

ウール、ウールカーペットに魅了されたCOURTの製造元、堀田カーペット。取材するといつのまには私も魅了されていました。


杉工場 杉工場

ものづくりはたいてい想像以上に時間と手間がかかっているものです。木製品は特にその傾向が。杉工場さんの見えない苦労も取材しました。


hirali Oo 竹野染工
hirali Oo 竹野染工
hirali/Oo

ロール捺染という特殊な手ぬぐいの染め技術をもつ竹野染工さん。伝えたいことがあるから、残したい技術があるから。


ツルヤ商店 ツルヤ商店

柔軟に求められるものを作る。職人らしくない職人の會田社長は簡単なようで難しいそれができる職人。


エムピウ エムピウ

村上さん、革職人でありながら革職人としては変わった経歴。でも全てがつながって人気の革製品がうまれています。


 スパイラルアーツ  スパイラルアーツ

ガラスペン、どんな風に作られているか知っていますか?極めて繊細な作業、取材では驚きの連続でした。


SOHACHI SOHACHI

日常と乖離していきがちな伝統工芸品。SOHACHIの清原さんは西陣織にもあるその隔たりを様々な工夫で超えていきます。


 フネノデンキヤ フネノデンキヤ

まさに船の電機を扱うからフネノデンキヤ。でも、これってもっとつかえるのでは?新たな出会いは新しいことへの挑戦につながる。


 小田陶器 小田陶器

大量生産もできる美濃焼の窯元小田陶器さん。少しづつ変わる産地とものづくりの業界。小田陶器さんも変わり始めています。


 播州刃物 播州刃物

ひとりの情熱は産地を変えることがある。まさにその事例。播州刃物にはデザイナーの小林さんが新しい風を連れてきました。


 mokuneji モクネジ / mokuneji

伝統は大切。でもこれに縛られず新たなものを生み出すことは実は難しい。伝統的な技法と、新たな技術や機械を組み合わせて良いものを生み出す。人がやらないことをやる!


 bisoa bisoa

注染にこだわり日本のものづくりにこだわる。前職ではkenemaを立ち上げ独立された宮本さんが考える理想を実現すべく進み続けます。


 お椀やうちだ お椀やうちだ/漆琳堂

aisomo cosomoと同じ漆琳堂手がけるブランド。なぜあえて別のブランドとして展開するのか?そこに漆琳堂さんは漆器を知ってもらうために丁寧に伝えます。


 RetRe RetRe

製材屋さんを営む尾山製材が手がけるブランドRetRe。木への愛情があふれんばかりの製材屋さんは感じる課題をそのままにはできませんでした。


 水鳥工業 水鳥工業

はきもののプロフェッショナルが挑戦する日常下駄への取り組み。なぜ今下駄なのか?下駄の魅力は何なのか?水鳥工業だからできるものづくり。


 工房織座 工房織座

新たな可能性の発見は温故知新。旧式の織機を使う工房織座、最新の織機ではできないことが旧式にできるのか?旧式を使う苦労もたくさんあります。


 かもしか道具店 かもしか道具店

萬古焼の窯元、山口陶器が手がけるかもしか道具店。その名の通り陶器で道具を作るのですが、根っこにあるのは山口さんの産地への熱い思い。点を線にできる人。


クタニシール クタニシール

弱みや、隠したい部分をあえて見せることが特徴になり、魅力になる。九谷焼の産地の老舗が常識を変える。身近な九谷焼をめざして。


hmny hmny

誰に向けて、何をつくるのか。手袋製造日本一の産地で生み出される魅力あるhmnyの商品。どんなものづくりをすべきなのかを考えさせられます。



4th-market 4th-market

4th-marketがなぜ4thなのか?素朴な疑問から、理想を追求したものづくりのお話まで。「いいものを作りたい」作り手は皆そう思っているんだと再認識した取材。



nicori/木玉毛織取材記 nicori/木玉毛織取材記

ガラガラと音を立ててゆっくり紡ぐからガラ紡。最新の機械にはできないことを丁寧に育て守り続けるということ。


能作 能作

能作さんの地域に愛されるものづくり。地方産地のものづくりのお手本にもみられることも多い能作さんの考えとは?


モメンタムファクトリーOrii モメンタムファクトリーOrii

伝統工芸品高岡銅器を手がける製造元折井さん。特殊な製造方法を常識に囚われずに現代に溶け込ませていきます。


chanto chanto

彦根の仏壇屋さんの挑戦。仏壇に必須の漆塗りを現代で必要とされる商品に。漆への誤解と戦う製造元。


インスタイル インスタイル

いぐさ製品を手がけるインスタイル。日本で唯一、国産いぐさだけを使用したものづくりをされています。その苦労とこだわり、製造元を取材しました。


soil soil

soilの珪藻土商品、有名なのはバスマットがあります。美しいデザインの裏には想像以上に大変で丁寧な「泥くさい」製造現場が隠れていました。


syouryu syouryu

錫製の手で曲がる皿「すずがみ」。すずがみを生み出したおりん製造元の島谷さん。すずがみ誕生までをお聞きしました。


kenema kenema

kenema誕生当時、てぬぐい素人だったkenemaの宮本さん。前例のない手ぬぐいブランドを生み出す苦労と、手ぬぐいの可能性をうかがいました。


輪島キリモト 輪島キリモト

伝統と歴史ある「輪島塗」を手がける輪島キリモトの桐本さん。伝統ある産地で新しい取り組みをすることの難しさを体験をもとにお聞きしています。


大阪錫器 大阪錫器

日本の伝統工芸品に指定されている「大阪浪華錫器」。錫製品の伝統を守りながら新しいものを作り出すバランスの難しさ。


aisomo cosomo
aisomo cosomo / 漆琳堂

越前漆器の老舗「漆琳堂」が手がけるブランドaisomo cosomo。漆器のイメージを変えたい、若い人たちにも手に取ってもらいたい。そのための苦労と工夫とは?






ページトップへ