味方屋 ミニナイフとカッティングボード




三条伝統の鍛冶職人が作るミニナイフ



ミニナイフを使うシーン、例えばチーズやサラミを食卓で切る。

浮かんでくるイメージは完全に「洋」の場面ではないでしょうか。

その「洋」に三条伝統の鍛冶職人匠の技「和」を融合しました。








一見何気ないミニナイフ

しかし燕三条の鍛冶職人が一本一本妥協なく丁寧な手仕事で作り上げています。

実は、匠の職人技と優れたプロダクトデザインが合わさった商品なのです。



鍛冶職人の作る刃物の特徴


切れ味長持ち・欠けにくい・研ぎやすい


そんな刃物に対する声→「手入れができるか心配。。。」

そのような声をもとに一般家庭で使いやすい鍛冶職人の刃物を作りました。


鍛冶職人が刃物によく使う素材「炭素鋼」といわれる鋼材。

確かに、そういった鋼材を使うと良く切れる。

しかし、手入れをしないとすぐ錆びてしまいます。

日常の料理で使うような一般家庭向きではないのかも。

そんなイメージから「心配」というイメージを抱かせていたのかもしれません。


本商品は、ステンレス鋼のV金10号鋼という素材を使っています。





錆びにくく、炭素鋼などにも匹敵する硬度も持ち合わせています。

だから手入れの心配をしなくても簡単には錆びません。そして良く切れる。

いつも通りの使い方で使ってください。



鍛冶職人が手で叩く意味


刃物を叩いて形作る事を鍛造と言います。





この時代に手仕事で鍛造を行う意味をうかがうと、

職人は「機械ものとは全然違う!」と言います。

世の中に溢れているものは機械で先だけ尖らせたような包丁。

鍛冶職人が手仕事で鍛造を行うと組織が細かくなり、長く切れる刃物が出来る。

そして、手で研いで刃を作るので刃が欠けにくく良く切れる。

それは世の中に溢れている消耗品としての包丁とは全く別のものです。



「いいもの」


錆びにくいステンレス鋼に職人の鍛造技術が合わさる事で

一般の人が日常で使いやすい、良く切れる、長く使える

本当に「いいもの」が生まれました。


そして、あくまでもミニナイフ。

食卓でも使いやすいよう、カッティングボードに収納場所を作りました。

すっぽり収まるので、安全。そして柄の部分で支えるのでテーブルも傷つけません。





様々な面で本当に優れた「いいもの」なのです。

本物の刃物の切れ味、そして使いやすさを是非味わってみてください。


製造工程や作っている職人についてもっと詳しく知りたい方は味方屋ブランドページをご覧下さい。









ミニナイフとカッティングボード - 味方屋 -

価格: ¥9,936 (税込) ¥10,152 (税込)
サイズ:

価格と在庫を一覧で確認する

価格:
数量: セット

返品についての詳細はこちら

レビューはありません




商品説明


カッティングボードのサイズは 【S:27cm×13cm】 【L:27cm×17cm】
とどちらも食卓に載せてちょうどいいサイズ。
木は衝撃に強く、硬いウォールナットを使っております。
また丸い部分はナイフをとりやすくするだけでなく
フックなどにつり下げて乾燥・収納が出来るように。


ミニナイフの刃渡りは約10cm持ち手の部分も約10cmと
手にぴったり収まり、ウォールナットの持ち手も手に馴染みます。
刃には伝統と信頼の印、味方屋の刻印が押されています。
使いやすさを考え、背の部分に少しだけ丸みを持たせています。


すっぽりおさまるミニナイフ。食卓に置いても安心です。
柄の部分で抑えるので、刃が食卓を傷つける事もありません。
ミニナイフもとりやすく、かつおさまったデザインも素敵です。


パッケージデザインも考えられており。
プレゼントとしても喜ばれること間違いありません。
このパッケージだけでも素敵ですが、別途
プレゼント包装(有料)・メッセージカード(無料)も承ります。




■対応サービス

 



■メンテナンス

日常的には一般の包丁・ナイフと同様にお使いいただけます。
少し切れなくなってきたなというときは、3000番の砥石で研いでください。
大きく欠けた場合は400番、1000番の砥石で研いだ後、3000番の砥石で研いでください。
また、ご自宅に砥石が無い、うまく出来ないなどの場合は、工房にてナイフの直しも承ることも可能です。
物の状態にもよりますが通常700円~(送料はお客様ご負担)でお直しさせていただきます。
直しをご希望の場合は、まずは当店までお問い合わせください。
※料金はあくまでも目安でお考え下さい。刃の状態によってはお受け出来ない場合も御座います。




味方屋 ロゴ
明治創業以来、その技術を代々継承してきた「味方屋」を作る日野浦刃物工房。
「より多くの刃物を造るのではなく、より多くの信頼を得るモノ造り」
鋼の鍛造から成形、研ぎにいたるまで一本一本全て手作りというこだわりが、一切妥協のない鍛冶職人の技を生み出します。

左のロゴをクリックして味方屋のブランド紹介/製造工程詳細へ   

関連商品

ページトップへ