エムピウ 名刺入れ フォルマ マチ


使用しているのは革だけ

革には元来持っている弾力性があります。

上質な厳選されたタンニン鞣しのイタリア製皮革

その弾性を返し留めに利用したのがこの名刺入れ「フォルマ マチ」

ほどよい弾力性を保ちながら型崩れすることがありません。

金具を使わないのでとてもすっきりと、でも他とは違う。

容量も名刺30枚程度はしっかり入ります。

男性にも女性にも人気の名刺入れ、プレゼントにもおすすめです。




使うほど好きになる

革製品でも実はエイジング(経年変化)を愉しめるものとそうでないものがあります。

エムピウの名刺入れ「フォルマ マチ」はエイジングをとても愉しめる革製品。

特徴は一流のイタリアのタンナー(革製造職人)が作る最上質の革を使用していること。

物って普通は使うと汚れたり、傷がついたり、少しづつわるくなっていくもの。

でもエイジングを大事にするエムピウ、最上質な革を使用しているので

使うほどエイジングとともに自分の中で価値が高まっていくのです。

一生使えるのでは?と思えるほど。

物の価値は人ぞれぞれ。“あなたにとって”人生で最高の名刺入れに育ててください。







“エムピウ



仕切り線



ご注文はこちらから


革の名刺入れ「フォルマ マチ 」 - エムピウ -

価格: ¥7,700 (税込)
バリエーション:
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

※「ブルー」「ブラウン」についてはお届けまでしばらくお待ちいただいております。あらかじめご了承くださいませ。



◇7種類のバリエーション

1.ブラック
エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ
2.ブラウン
エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ
3. ダークブラウン
エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ
4.レッド
エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ
5.ブルー
エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ
6.ライトブラウン
エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ
7.オレンジ
エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ


エムピウ 名刺入れ フォルママチ


※ご注文個数や在庫状況によってお届けまでお待たせすることがございます。
 お急ぎの場合は事前にお問い合わせくださいませ。



仕切り線



■対応サービス




■ サイズ

本体寸法 : W110×D80×H20mm
重量 : 約50g
容量 : 名刺30枚程度



■ 素材

ブラウン : マレンマ(イタリア製タンニン鞣し革)
・・・オイルの含有量が多く曲げた箇所や縫い目などに革ならではのプルアップ(オイルが移動して色が薄くなる現象)がみられる

その他 : ブッテーロ(イタリア製タンニン鞣し革)
・・・ハリがありサラサラとした感触、エイジングにより深みのある色に変化する





■ パッケージ

エムピウ ミッレフォッリエ パッケージはしっかりした黒の貼り箱で、画像ではわかりづらいですがよく見ると革のようなシワ加工も入っています。作り手の細部へのこだわりが見えてきます。贈り物にも大変おすすめです。
画像はエムピウの財布のパッケージのためサイズが異なります。





■ メンテナンス

一般的には革の場合クリームを塗ったりと定期的なメンテナンスが必要ですが、このエムピウの製品はそういったメンテナンスが必要ありません。
革の芯までしっかりと染み込んだオイルが少しづつ出てきます。また使用することで手の脂も混じり合い、素敵なエイジングを生み出します。




■ 注意事項

・長期間お使いにならない場合は劣化やカビなどを防ぐため、湿度に注意し定期的に風を通すなどのお手入れを行なって下さい。
・天然素材を最大限に活かした仕上げを行なっておりますことから、色落ち・血筋・ムラ等がみられる場合がございます。
・革そのままの風合いをご提供するため、表面がデリケートな状態で製作しておりますので、僅かな当り傷・押し跡等が発生する可能性もございます。使いこむうちに馴染んでまいりますが、予めご了承の程お願い申し上げます。






エムピウ ブランド紹介

エムピウ ブランド紹介

- m+(エムピウ) -
2001年、村上雄一郎の革製品ブランド m+[エムピウ]が誕生しました。
村上の m にプラスをつけたのは「作り手+誰か」によって、ものが完成するから。年月を重ねて、m+のアイテムは広がりましたが、ブランド名にこめた思いは変わりません。
自然が育む天然素材、信頼できる職人、そして使い手の一人一人が関わりながら、m+の革製品は生まれてきます。

※ 左のロゴをクリックするとブランド紹介/商品一覧ページへ移ります。

お椀やうちだブランド紹介




ページトップへ