お客様の声

  • サリー 様
  • 投稿日:2018年12月29日

友達の結婚祝いに贈りました!メッセージカードも付けられたので良かったです。友達もとても喜んでくれました。ただ、新居がIHのコンロだったらどうしよう…とだけ不安です。まだ聞いてませんが。それ以外は満足してます。

お店からのコメント

サリー様 この度は大切な贈り物でご飯釜「コセール」をお選びいただき誠に有難うございました。ご友人の方にもお喜びいただけたようで私どもも大変嬉しく思います。
IHは確かに非対応ですので、転居されるのであれば少し心配ではありますね。IHは増加傾向にありますが、それでもまだまだ通常のコンロに比較すると多くはないようですね。
ただ仰るような懸念は確かにあるものだと思いますので、土鍋もIH対応を少しづつ検討しなければいけないかもしれませんね。
この度はご利用誠に有難うございました。他にも日本のいいものを沢山ご紹介しておりますので、また機会ございましたらご覧いただけましたら幸いでございます。

  • にゃんと 様
  • 投稿日:2017年03月06日

初めて土鍋でご飯を炊きました。
そんなに短い時間だけで炊けるのか?と半信半疑でしたけど
炊けましたぁ。ご飯ピカピカ!とても美味しかったです。
高い炊飯器でなくても、こんなに美味しいご飯が炊けるって
土鍋バンザイって感じです。大切に使いたいと思います。
あと、商品と一緒に手紙が入っていました。
心がほっこりとなるような素敵な手紙でした。

お店からのコメント

にゃんと様 この度は「ご飯釜コセール/3号」のご購入誠に有難うございました。
私自身にゃんと様と同じように考え、実際にご飯釜でご飯を炊き、その美味しさと手軽さを体感し、考え方が変わったひとりでございます。
まさに「土鍋バンザイ!」でした!
ぜひ今後も末長くご愛用いただき美味しいごはんを食べられてください。

またお手紙についてもコメント頂戴して誠に有難うございます。少しでもお客様に距離を近く感じていただけるようにとさせていただいてります。私たちはこのコメントをいただくことでいつも嬉しく、重要なモチベーションとなっております。

今後とも商品共々日本いいもの屋をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • (◎-◎;) 様
  • 投稿日:2015年10月04日

こちらの商品をセレクトされた方は、他の土鍋で実際に炊飯を比較されたうえで、こちらを推奨されているのでしょうか?
今回購入した以前に数年間、同じ四日市の万古焼きの炊飯用土鍋を愛用しておりました。
もっと安いお値段のいわゆる土鍋っぽいデザインのものでした。
今回新しく購入するにあたり、デザインのこともあって、同じ万古焼きでも、若い人が頑張っているという4th marketのものを選んでみました。
が、しかし、今回の土鍋を使ってご飯をた炊くたびに「前の土鍋の方が美味しく炊けた」と毎回思います。
相当ガッカリです。
できることなら他の土鍋を買い直したいくらいですが、
あまりに買ったばかりだし、お値段だってかかってるし、モノを増やしたくもないし…。
確かに好みもあるし、感想は人其々ですが、この商品のセレクトは如何なものでしょう。デザインだけなのでは?
あと、2回目の使用にして3~7ミリ×2センチの黒い焦げあとのようなものがつき、洗ってもとれません。
それと、鍋内側にご飯粒があまりに付き易いと思います。

お店からのコメント

(◎-◎;)様 この度はご利用いただきまして誠に有難うございました。そしてご使用いただいた上での貴重なご意見、誠に有難うございます。まずは今回のお品が(◎-◎;)様のご期待に添えなかったこと誠に申し訳ございませんでした。(◎-◎;)様 のように厳しいお言葉をいただけるということは本当に有難く、しっかりと受け止め今後のお店運営の参考とさせていただきます。

ご期待をいただいておりました(◎-◎;)様のお気持ちを考えると本当に心苦しく思っております。いただきましたお言葉の通り美味しい炊け具合には好みはあり答えはないのかもしれませんが、(◎-◎;)様にとってこのご縁が喜ばしいものではなかったことが大変心苦しいです。

お言葉の通り4th-marketを支える4つの窯元の代表は割合若い方が多いのですが、実際のところは各窯元は長く萬古焼をささえる実績と伝統ある窯元ではあります。その窯元の方々が同じ志の下、理想を目指しものづくりを行っております。

ご指摘の「デザインだけなのでは」というお言葉にはやはり「その通りです」とはお答えできかねます。商品開発には4つの窯元と別にデザイナーが携わっております。ですのであまり見ない素敵なデザインが多いのですが、デザイナーの理想、窯元の理想、このそれぞれを妥協することなくものづくりに挑んでおります。4th-marketが誕生した理由のひとつは妥協したものづくりをしたくないからでした。開発にはじっくりと試行錯誤を繰り返し通常の何倍も時間をかけます。販売しております私が申し上げるのも少しおかしいですが、そこを妥協するぐらいであれば4th-marketの存在価値はなくなります。

また私どももお取り扱いに際して、それほどたくさんの土鍋の炊飯を試しているわけではございません。しかし、そうして多くの商品を比較検討をできていない分、お取り扱いに際しては背景や作り手想いの部分は譲らず重要視して考えさせていただいております、それが質につながるからです。

今回のお買い物で(◎-◎;)様をガッカリさせてしまったこと、ご期待に添えなかったことは本当に申し訳なく、心苦しい思いでいっぱいでございます。しかし、4th-marketの商品にはそうした背景と作り手の想い、セレクト基準があることだけはご理解いただけましたら幸甚でございます。

ページトップへ