元祖すりくち醤油


まさに「元祖」と言えます

廣田硝子が1970年代に実験用の点滴分ビンの機能に着目し
シリモレしない画期的な醤油差しを開発したのが
現在では一般的となったすり口醤油差しの始まりです。



本体のビンとガラス栓をしっかり擦り合わせることにより
外部へのモレを解消し、ガラス製醤油差しの普及に大きな貢献をしました。
職人の手作業で作られた丸みを帯びたレトロなフォルムは
手作業ならではのぬくもりがあり、どこか懐かしさを覚えます。



元祖すり口しょうゆ差しの三構造

一、尻漏れしない
二、持ちやすい
三、倒れにくい

さらにガラスなので傷がつきにくく衛生的。
東京国立近代美術館に永久保存されているのも納得の、歴史に残る名品です。




一家に一台、いや、もっと。

シンプルで機能的、そんな醤油差しが食卓にあれば便利ですよね。
名前こそ醤油差しですが、ソースやポン酢を入れても使える
汎用性の高い、まさに万能容器なのです。

さりげなく馴染むデザインで、インテリアの邪魔もしないので
卓上調味料を入れるのにぴったり。
尻漏れもないので置きっぱなしでも机が汚れることもありません。

ひとつと言わず、ふたつみっつと揃えたくなる、そんな醤油差しです。










元祖すりくち醤油 - 廣田硝子 -

価格: ¥2,200 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

◇対応サービス


プレゼント包装紹介ページ



■ サイズと容量

サイズと容量 元祖すりくち醤油

パッケージ 元祖すりくち醤油



■ パッケージ

パッケージ 元祖すりくち醤油



■ 注意事項

・直火:×、 IH:×、 電子レンジ:×、 オーブン:×、 食器洗浄機:×

・ガラス製品は傷が付くと破損しやすくなります
 ガラスどうしあるいは硬いものとぶつからないように扱ってください
・ガラス食器は中性洗剤などで洗ってください
 その際ガラスを傷つけるおそれのある研磨剤入りスポンジ、金属たわし、クレンザーなどを
 使用しますと破損の原因になりますので使用しないでください
・ガラスの内面を洗う際は十分ご注意ください。内側から力を入れてひねり洗いしますと
 破損し思わぬケガをすることがあります。柄付きのスポンジのご使用をおすすめします









廣田硝子 ブランド紹介

廣田硝子は1899年に東京で創業。東京で最も歴史のある硝子メーカーの一つです。
盛んに行われた東京のガラス製造は、西洋から伝わるガラス素材と日本の美意識とを融合させ 日本独自のデザインとして開花させました。
創業より社に伝わる貴重なデザイン資料を元に、江戸切子や吹き硝子など脈々と受け継がれる手仕事による 伝統的製造を継承し、現代のインテリアに調和するプロダクトを作り続けています。

※ 左のロゴをクリックするブランド紹介/商品一覧ページへ移ります。




ページトップへ