BAR BAR(馬場商店) 藍駒




手書きでしか作れない


じっくりみるとわかります。なんとすべての線が手書きなのです。

線には濃淡、細太、強弱があります。

すべての線がもし全く同じものであれば間違いなくこの風合いは出せません。

それは「いびつ」なわけではなく、繊細なバランス。

人が線を描きながら微調整ができるので可能なバランス。

線それぞれの微妙な違いが生むあたたかい風合い。

藍駒からは職人の手仕事の美しさを感じます。



使いやすくて、美しい


藍駒のデザインは和とも洋ともとれるデザインになっています。

お茶碗は毎日変えるものではないので、どんな料理・食器とも合う事が大切です。

藍駒のお茶碗なら、どんなお料理とも相性良く毎日の食卓を彩ります。

そして、高台が高くデザインされているのも大切な特徴

お茶碗を手に持って食べる日本人向けならでは形状です。

「手に取りやすく、手で持ちやすい」

長い歴史を持つ波佐見焼、現代の日本の食卓のために藍駒は作られました。









サイズは2パターン

大(Φ13cm × H6.5cm)と小(Φ11cm × H6.2cm)



藍駒 茶碗
藍駒 茶碗 大
藍駒 茶碗
藍駒 茶碗 小










「藍駒」茶碗 - BAR BAR(馬場商店) -

価格: ¥972 (税込) ¥1,080 (税込)
種類:

価格と在庫を一覧で確認する

価格:
数量:

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (1件)

お客様の声

グミリン様 投稿日:2016年09月15日
おすすめ度:
大の在庫があったので、とりあえず二つ買ってみました。もちやすく、また。食器洗浄機にも入りやすい浅めの形状。ご飯をとても美味しそうに見せてくれます。男性用に購入しましたが、私も毎日使っています。小もまた購入して、是非揃えて使ってみたいです。

お店からのコメント

グミリン様 この度は「藍駒」の茶碗のご購入誠に有難うございます。
ご注文のタイミングでサイズの小を切らしており、大2点のご購入をいただきまして誠に有難うございました。
こちらは人気商品のため在庫切れが度々生じてしまいます。当店といたしましてもできるかぎりそのような状況にならないよう努力しておりますが、お茶碗の特性上まとめてご購入いただくことが多く難しいのが現状でございます。現時点では在庫ござい...>>続きをみるますのでぜひよろしければご検討くださいませ。
藍駒の藍色はとってもご飯との相性がよくおっしゃるように、ご飯を一層美味しく見せてくれます。基本的に相性が悪い食器というものがあまりないので、毎日使う茶碗として本当に重宝します。ぜひ末長くご愛用くださいませ。
グミリン様、この度は事前のお問い合わせもいただき誠に有難うございました。ぜひ今後も気になる商品、気になる点ございましたらいつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。
そして今後とも日本いいもの屋をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
>>閉じる

■対応サービス

     



■商品詳細

手書きで描かれる線が特徴の藍駒の茶碗。一本一本が手書きのため線それぞれに微妙な違いがあります。高台をしっかりととっているので使いやすさもとてもいいです。和・洋どんな食卓にも合う日常使いの茶碗です。


しっかりとした高台。
線はよくみると少しづつ違いがあります。
薄い線や、太い線、にじみもそれぞれ異なります。



茶碗の内側は縁の近くのみに線が入っております。
内側にも線が入っている事で
ごはんがいっそう美味しそうに引き立てられます。




■ サイズ

サイズは茶碗 小がφ11cm×h6.2cm、大がφ13cm×h6.5cm。夫婦でペアで使うにもいいサイズですね。
BAR BAR(馬場商店) 藍駒



■ 使用上の注意とメンテナンス

直火 ×   オーブン ×   電子レンジ ◯   食器洗浄機 ◯ 

ご使用前に必ず洗ってからお使い下さい。磁器については煮沸の必要はありません。
直接火にかける事は絶対にしないでください。割れや破裂の原因になります。
急激な温度変化はヒビなどの原因となりますのでお避けください。
ヒビや欠けてしまった商品は大変危険ですので使用にならないでください。
洗う際は柔らかいスポンジに洗剤をつけて洗ってください。クレンザーや金属たわしのご使用はお控え下さい。
茶渋などの頑固な汚れは、市販の台所用漂白剤を定められた条件にてご使用下さい。




BAR BAR(馬場商店) ロゴ
クリックしてBAR BAR(馬場商店)の商品一覧へ

長崎・日常食器・贈り物・縁起物をテーマに展開するBAR BAR(馬場商店)の商品は長崎県のほぼ中心に位置する波佐見町で作られています。
江戸時代に磁器を初めて大衆化させた波佐見焼は、400年もの歴史をもち、その技術と伝統を育んできました。
長い時間をかけて培われてきた職人技が、一つ一つの工程の手仕事の中に生きています。
  





ページトップへ