かもしか道具店 蚊遣りブタ


超ロングセラー商品「蚊遣りブタ」

一説によれば蚊遣りブタは江戸時代からあったとか。

別の説では昭和初期からあったとか、諸説あるそうです。

いずれにしても超ロングセラー商品ということに間違いはなさそうです。

ロングセラー商品になるには様々な条件が必要です。

ひとつは当たり前ですが、使い手に求められること。

豚のデザインは細部は変わりながらもほぼずっとそのまま

時代が変わってもずっとかわいい、そして高い機能性。


作り手が作り続けられる商品である

実は超ロングセラーになるもうひとつの重要な要素は

作り手が作り続けられるかどうか、なのです。

かもしか道具店は耐熱陶器で有名な萬古焼の作り手です。

秋頃から冬は土鍋など耐熱陶器を沢山生産しています。

かもしか道具店 蚊遣りブタ

じゃあ春から夏は何を作るか?これが課題だったそうです。

土鍋を大量に生産するため萬古焼の窯は長く大きい

性質上火を止めることは簡単にはできない(年数回掃除の時だけ)

夏に使う、耐熱性が必要で、大きめの焼き物は・・・

そうして萬古焼の産地では蚊遣り豚を作るようになりました

おかげで価格も手頃で、時代が変わっても求められる商品であり続けられました。


他とは少し違う蚊遣り豚

かもしか道具店 蚊遣りブタ

かもしか道具店の蚊遣りブタはなんだか良い。

一般的な蚊遣り豚は鼻と背中部分だけが色付けられているものが多いです

実はこれ効率よく生産するため、この部分だけしか塗れないそうです。

生産効率ではなく、使い手がいる道具として考えるかもしか道具店

釉薬は全体に綺麗に塗られ、かわいさ、おしゃれさにもこだわりがあるのがさすが

他にも素焼き(ザラッとした質感)のものや、すごくカジュアルなもの様々ありますが、

やっぱり使い手を考えたかもしか道具店の蚊遣りブタは一味違います。




かもしか道具店 職人取材記







蚊遣りブタ - かもしか道具店 -

価格: ¥2,160 (税込)
カラー:
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません





■対応サービス

     
プレゼント包装紹介ページ



■ カラーとサイズ

サイズは、W約13cm×D約13.5cm×H約16cm(取手含まず)
色は白・黒・茶の3種類。















かもしか道具店 ブランド紹介
三重県菰野町は、鈴鹿山脈の連なる温泉地。 「鈴鹿セブンマウンテン」という登山スポットでもあり、何よりニホンカモシカ(天然記念物)が生息することで有名です。 そのセブンマウンテンの一番大きな山、御在所岳の麓に“かもしか道具店”を展開する有限会社山口陶器はあります。 「たのしく、しっかりとした生活文化」を発信し、食卓を通じ幸せを届けるブランドです。

※ロゴをクリックしてブランドページへ   





関連商品

ページトップへ