輪島キリモト

輪島キリモト 仕切り線



うるしを暮らしに


輪島キリモト 漆器 コーヒーカップ

輪島キリモト 漆器 コーヒーカップ

輪島キリモト 漆器 コーヒーカップ

輪島キリモト 漆器 コーヒーカップ




※左は5年使用したもの、右は未使用。明らかに違いますね。


高価な漆器
漆器って高いですよね。このコーヒーカップも輪島塗の漆器。安くはありません。
「輪島」「漆器」ブランドの値段と思う方もいるかもしれません。どうも違うようです。適切な価格を考えるとこの価格になるんです。
確かに、漆器にもいろいろあり「疑わしい」ものもあります。なぜそんなに安いのか?と思うものもあったり・・・


手を抜けない工程と材料
コーヒーカップが完成するまで細かく分けると20以上の工程を経て完成しています。
本堅地技法という輪島塗伝統の技法を使うのですが、その証拠に断面は9層にも及ぶ層が出来上がります。だから長持ちで直しがきくんです。全ての工程が職人の手仕事。大変な手間と時間がかかる。
漆の下は木、このコーヒーカップの型を抜くためにはひと回り大きな木を用意しないといけない。そして漆も最近価格が高騰してきている。それを何度も何度もハケで塗る。


本当に良いもの
ただ伝統工芸だから高いんじゃないんです。輪島塗だから高いんじゃないんです。手間・時間・材料などから価格を設定すると、この価格になるのです。
言えることはこのコーヒーカップは間違いなく輪島で職人の手で手間ひまかけて、良い材料を使い作られた品、「本当にいいもの」だということ。


永く使える価値
このコーヒーカップのデザイナーは数々のプロダクトデザインを手がける小泉誠氏。フォルムや持ったときの感触など細部に渡り計算された、いままでにない新しい漆器を感じさせてくれます。
でも、使う側から見たとき、このコーヒーカップの最も大きな価値は「永く使える」ということではないかと思います。それも次の世代、次の世代というレベルで永く。


使い手が作る価値
壊れると捨てる。新しいものを買う。そんな生活スタイルを前提にはしていません。子供に、孫に、「本当にいいもの」を引き継ぐ、そんなスタイル。
漆が薄くなれば塗り直し、割れたり欠けたりすると直して使う。このコーヒーカップは世代を重ねて育てていく漆器なんです。


「ばあちゃんが買うた器を孫が継ぐなんて素敵やわいね」
これはある漆器の職人の言葉です。世代を重ねながら育てていく。そんな日本の文化素敵じゃないですか。それが「うるしを暮らしに」の意味なんだと思います。




“


輪島キリモト 仕切り線




*本商品は送料無料です*


漆のコーヒーカップ -輪島キリモト-

価格: ¥21,600 (税込)
色:
数量:

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (2件)

お客様の声

えみ様 投稿日:2017年09月13日
おすすめ度:
女性社員の退職記念品に選びました。日本の工芸品や民芸品に造詣が深い方で、そのような品を探してこちらのサイトに行きつきました。同じ商品は別のサイトにもあったのですが、サイトの雰囲気とプレゼント包装が気に入り、こちらからの購入を選びました。送った本人からの感想が寄せられ、ラッピングがきれいで、インスタ用に写真を撮ったと。木地を作ったひと、塗ったひと、デザインしたひとの名前がちゃんと記されていたそうで、大変感激したそうです。ナイスセンス!の言葉をもらい、よい贈り物ができこちらも満足で★5つにさせていただきました。

お店からのコメント

えみ様 この度は漆のコーヒカップのご購入誠に有難うございました。私どもが言うのはおかしいかもしれませんが、贈り物でこの漆のコーヒーカップを贈られるセンスは本当に素敵だと思います。特にこの分野に造詣の深い方であれば輪島キリモトの品の質の良さとこだわりはご理解いただけると思うので一層だと思います。石川県輪島の職人さんが心を込めて作っている漆のコーヒーカップお贈りになられた方も大切に末長くお使いいただけ...>>続きをみるることと思います。私どもとしても嬉しい大変ことでございます。
もちろん他のお取り扱い商品全てがこだわりの品ばかりでございますので、ぜひまたご機会ございましたら当店で紹介するお品たちをご覧いただけましたら幸いでございます。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
>>閉じる

まさひこ様 投稿日:2017年07月07日
おすすめ度:
父親の還暦祝いに購入致しました。
色は渋い赤色で男性が使用しても全く違和感がありません。
また非常に軽く、重さにストレスを感じることも無いと
思います。
父親は珈琲カップとして使用していますが、熱が伝わりにくく
非常に使い易いと好評でした。

お店からのコメント

まさひこ様 この度は「漆のコーヒーカップ/本朱」のご購入誠に有難うございました。とても素敵なお祝いですね。珈琲カップとしてお使いいただいているのですね、口当たりなどもとても良く作り込まれているので一層美味しく感じていただけていたら嬉しいです。
まさひこ様もご存知かもしれませんが、漆は実は朱色が男性、黒が女性と考えられているのです。もちろん決まりではなく、現代では好みの色を使えばいいと私も考えてい...>>続きをみるるのですが、そういう意味ではとてもフィットする色味かと思います。これからもお使いいただくうちに色味は経年変化していきます、ぜひ末長く育てていただけましたら幸甚でございます。>>閉じる




■商品説明

漆塗り(本堅地)のコーヒーカップ。20以上の工程を全て職人の手で行い作り上げられています。
カップの取っ手がまた美しい。実はこの取っ手を綺麗につけるのが相当難しいそうです。
手に取ると想像よりも軽く、すっと馴染んでくれ同時に木の暖かさも感じとることが出来ます。
漆のしっとりとした触感や口にあたったときの馴染み具合は漆独特の良さがあります。



■ カラー

【黒】【本朱】の2色展開
輪島キリモト 輪島キリモト



■ サイズと容量

輪島キリモト



■対応サービス

     







◇ 金文字名入れ


金文字名入れ : 2,160円

贈り物に金文字の名入れはいかがでしょうか。
本商品は職人が丁寧に入れる金文字名入れが、側面か底面に可能です。

名入れをご希望の場合は

下記の枠に名入れの内容(5文字程度) / 名入れ箇所(側面or底面) / を記入いただき
書体(楷書体orゴシック体or筆記体) / 文字種類(ひらがなorカタカナor漢字orアルファベット) / 書き方向(タテorヨコ)

を選びカゴへボタンを押してください。

名入れ内容:  名入れ箇所:

 書体:  文字:  方向:



※なお名入れをご要望いただいた場合、商品のお届けまで2~3週間いただくことになります。
日数に余裕を持ってご注文いただく事をおすすめ致します。




■ 本堅地技法

数ある漆塗り技法の中で、輪島塗産地が採用しているのが本堅地技法。
天然木を用いて、欠けやすい部分に漆布着せを行い、輪島で産出される珪藻土を焼成粉末した輪島地の粉を用いた下地を施し、研ぎ、中塗、上塗りを経て作られます。完成した塗装の断面をみてみると九層になっており、長く使って表面に痛みが出てきても直すことが出来ます。
工程を分けると輪島塗では本堅地の漆器が完成するまで、23ほどの工程をおこないます。



■ 使用上の注意

食器洗浄機・乾燥機使用不可
電子レンジ使用不可



■ メンテナンス

漆だからといって特別なメンテナンスは必要ありません。洗剤とスポンジで洗えます。
堅い物にぶつかると漆が傷つくおそれがございますので、ご注意ください。
洗った後はタオルなどで水分を拭き取ってあげてください。
木は生きているので、漆器は乾燥を嫌います。毎日使い、毎日洗うこれが一番です。
漆器は直しながら使う事を前提としています。欠けた、割れたなどございましたらお問い合わせください。



◇ メディア掲載情報

2017.09 WORK STYLE BOOK vol.02
2017.05 Discover Japan 2017年6月号
2017.05 CONFORT 2017 June
2017.04 朝日新聞 2017年4月22日 朝刊別冊be
2016.11 「遠くへ行きたい」 第2333回
2016.09 ことりっぷMagazine 2016年秋号
2016.08 おとなスタイル 2016年秋
2016.07 和樂 2016年8・9月号
2016.03 25ansウェディング 2016年秋
2016.02 あまから手帖



『漆のコーヒカップ』の
"ものがたり"


イラストをクリックしてものがたりへ







輪島キリモト ロゴ

輪島塗りで有名な輪島で昭和のはじめに朴木地屋を創業。

古くから木地業を営んでいた輪島キリモト。
そんな中で3代目桐本泰一氏は、
新たな技法や発想で輪島キリモトに新たな風を吹き込みます。

能登半島の先端という立地ながらも、
30~40才代の力ある職人さん達とともに常識を覆す製品を生み出し、
漆が今に暮らしにとけ込むような可能性に挑戦し続けています。

※ 左のロゴをクリックするとブランド紹介/商品一覧ページへ移ります。




関連商品

ページトップへ