aisomo cosomo 小鉢 子供用お椀






漆器離れ・・・

皆さん「漆器」使ってますか?漆器って実は優れた点が多いんです。
抗菌作用があったり、使うほどに様々な表情を見せてくれたり、塗り直しや修理によって長年使える、などなど。「育てる器」とも言われています。
しかし、残念なことに現代では様々な理由で漆器を使う人が減りました。その主な理由は「いつもの食卓で使いづらい」「価格が高い」ということでした。


いつもの食卓で使いやすい漆器を

aisomo cosomoのシリーズを見ていただくとわかりますが、どの商品も和食・洋食どちらでも使うイメージが出来ます。洋食が増えた現代の食卓にも自然と馴染みます。



そして、いつもは少し冷たさを感じるポップなデザイン。けれどaisomo cosomoの場合、素材が木であり漆。
触れた時、感じるのはその温かさや安らぎ。同時にそのつややかな漆の色は目にも潤いを与えてくれます。デザインと漆が見事に融合し、新しい感覚が生まれたのです。
気付きましたか。aisomo cosomoの商品は全て2色の漆からできています。

底面と、他の部分がすべて違う色の漆です。ここにはこだわりがあります。1色なら漆じゃなくても簡単にできる。けれどハケで塗る漆だからこそ、この繊細な色分けができる。このデザイン・そしてカラーは漆だからこそできたものなのです。


試しやすい価格に

職人がハケで塗り仕上げる漆器の場合、価格的に気軽には挑戦しずらいものです。そこでaisomo cosomoではまずは手にとって、使っていただけるように木地に木合を使うなど様々な工夫によって価格を抑えました。
でも、それでいて質は落とさない。
職人さんは「若い世代が手に取る最初の漆器が質も悪いものだったらがっかりするでしょう」と言います。だから本質は従来の漆器と変えない。
伝統工芸を長年担ってきた職人が、ひとつひとつを丁寧に手間と時間をかけて作っています。それもこれも、もっと多くの人に漆の素晴らしさを知ってほしいから。

こちらの小鉢はこどもにはお椀としてもぴったり。お子様が大人になっても小鉢としても使えるのが嬉しいです。ぜひ、うるしの入り口に「aisomo cosomo」を。












小鉢 - aisomo cosomo -

価格: ¥3,300 (税込) ¥3,740 (税込)
カラー:
価格:
数量:

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星半分 4.7 (12件)

お客様の声

ここゆき様 投稿日:2021年01月13日
おすすめ度:
娘たち家族へのクリスマスプレゼントに使わさせていただきました。一昨年は小皿、昨年は湯のみと毎年贈っています。ことしのお正月におせち料理ともにテーブルにセッティングされた器たちの写メが送られ来ましたが新春にピッタリで華やかでした。とにかく器たちは色がとてもきれいでしっかりしているので漆器は気が張る感じですが、普段使いのできそうです。実物を見ないで贈っていたのですが、偶然に目にする機会があり本当に色や形すべてが素敵ですぐに自分たち用も購入した次第です。スタッフの方の細やかな心遣いもありがたかったです。
サイベリアン様 投稿日:2021年01月09日
おすすめ度:
子ども用の汁椀として使っています。大きさと見た目は気に入って使ってくれます。
購入の際に確認しませんでしたが、木粉椀なのですね。
もともと、木製漆器椀を使わせていたので、木粉椀の方が重さを感じました。
追伸@結婚祝い向けの他人のメッセージが封入されていて怖かったです。ミスですか?
cori様 投稿日:2020年08月19日
おすすめ度:
子供のお食い初め用に小鉢を3点、豆皿を3点、それぞれ色違いで購入しました。
もともと子供の最初の食器は日本製でこだわりたいと思っていたところ、サイズもデザインもばっちり理想通りのものに出会えて即決でした。
届いた実物を見て、よく見かけるパステル調のベビー食器とはまた違う、独特の優しさや温かみのある色味と、艶やかでありながらこっくりとした手になじむ触り心地で大満足です。また、軽さやサイズの面でもベビー食器としてちょうど良い印象です。漆器としては珍しいカラフルな色合いですが、写真で見るよりも現物は落ち着いた色味でした。日本の伝統色のような感じで、中に盛る料理が映えそうです。ベビー用としてだけでなく、本来の小鉢や豆皿としても長く使えそうです。
お食い初めはこれからですが使うのが今から楽しみです。

お店からのコメント

cori様 この度はaisomo cosomoの漆器 小鉢と豆皿のご購入誠に有難うございました。お食い初めでお使いになられるのですね!子供らしさとキッチリ感がありとても素敵な揃えになりそうですね。
漆器の良さはまさにおしゃるポイントで、樹脂製の食器とは違う深みのようなものがあります。手にとっていただくことでおそらく実感いただけたのだととても嬉しくなりました。有難うございます。
お食い初め→子供...>>続きをみる用の器→大人も使える小鉢、そんな風にもお使いいただけるかと思います。おそらくその何処かの段階で縁や高台部分に漆の薄くなる箇所も出てくるかと思います。その際は有償となりますが塗り直しも可能ですので、よろしければご利用くださいませ。>>閉じる

もっと見る

■商品説明

aisomo cosomoの漆塗りのカラフルな小鉢。6色のカラーバリエーション。和え物、酢の物を入れてお使い頂く事でいつもの食卓の雰囲気が全く変わります。あなたなら何を入れてみますか。カラーとの組み合わせも楽しんでいただけます。
それだけではなく子供用のお碗としてもピッタリです。漆には抗菌作用があり、自然素材。可愛さもあり本当におすすめです。
もちろん加工されたうるしはかぶれる心配もございません。漆器で汁碗デビュー。



■対応サービス

     



■ サイズ

大人から見ると小鉢ですが子供から見ると汁碗・お椀。もちろん加工後のうるしはかぶれる事はありません。お椀デビューがうるしって、なんだかいいですね。   




■ カラーは6種類

画像をクリックすると大きな画像で見ていただけます。

aisomo cosomo 小鉢 子供用お椀

オレンジ×オリーブ

aisomo cosomo 小鉢 子供用お椀

ベージュ×ピンク

aisomo cosomo 小鉢 子供用お椀

モスグリーン×オレンジ

aisomo cosomo 小鉢 子供用お椀

オリーブ×モスグリーン

aisomo cosomo 小鉢 子供用お椀

レッド×ベージュ

aisomo cosomo 小鉢 子供用お椀

溜×オレンジ



◇ なぜ「溜×オレンジ」だけ高い?こだわり派の「溜」

中塗りをしているからです。中塗りとは、最も外面にでる上塗りの前に異なる漆で塗りを行う工程です。
つまり工程が他のカラーより多く手間と時間がかかっています。
本商品の場合の塗り方を溜塗りと言って、木地に下地塗りを施したあと朱に染め、その上に透明な漆を厚く塗る技法です。
一見ブラックに見えますが、純粋なブラックではなく濃いワインカラーでいわゆる深みのある仕上がりになります。
これが溜塗りの良さであり、他の塗料では再現が難しいとされています。



■ 注意事項とメンテナンス

- 手塗りのため色合いや濃淡には若干の個体差があります。
- 直火・電子レンジ・オーブン 使用不可。
- 特別なメンテナンスは必要ありません、洗剤とスポンジで洗えます。
- 堅い物にぶつかると漆が傷つくおそれがございますので、ご注意ください。
- 洗った後はタオルなどで水分を拭き取ってあげてください。



◇aisimo cosomoの商品
aisomo cosomo まめ皿
まめ皿

aisomo cosomo 湯のみ
湯のみ

aisomo cosomo 汁椀
汁椀
aisomo cosomo 飯椀
飯椀

aisomo cosomo 小鉢
小鉢

aisomo cosomo kodomo
こどものうつわセット 「kodomo」





『こども椀(小鉢)』の
"ものがたり"


イラストをクリックしてものがたりへ








aisomo cosomo ロゴ

多くの人に、幅広く、うるしを使って欲しい。

そんな想いから福井県の漆琳堂が立ち上げたブランドaisimo cosomo。
その色使いと独特の風合いは印象的で、見る人を惹き付けます。

業務用漆器の製造をしてきたからこそ培った技術と経験に
裏打ちされた確かな商品を創り出します。

※ 左のロゴをクリックするとブランド紹介/商品一覧ページへ移ります。






同じブランドの商品

ページトップへ