ブランド紹介

by koransha

香蘭社のロゴ

現代のライフスタイルに寄り添う「日々の暮らしのうつわ」
佐賀県有田の地に日本初の磁器が誕生して400年。合名会社「香蘭社」を設立して140年余り。
伝統の技と美を継承し発展させてきた香蘭社から生まれた新ブランド「by koransha」は「現代のライフスタイルに寄り添い、“日々の生活”に楽しさと華やかさを与える暮らしのうつわのブランド」

香蘭社 取材記

日本有数の陶磁器の産地、佐賀県有田。
日本で初めて磁器を製造した有田の陶磁器は、その高い品質と美しい色絵によって、古くから国内外で愛されてきました。

その有田焼の中でも名窯として知られるのが、今回ご紹介する香蘭社。
創業はおよそ300年以上前の元禄時代。そして、日本が開国した明治時代には、世界各国の万国博覧会で数々の賞を受賞し、国内では宮内省御用達の品として重宝されてきたといいます。

そんな香蘭社が2021年からスタートした新ブランドが「by koransha」です。

by koranshaのマグカップ

 「これが本当に有田焼?そもそも磁器なの?」と、驚いた方もいるのではないでしょうか。
一見すると、ティータイムに自然に馴染むシンプルなマグカップ。しかし、よく見ると有田焼を想起させる唐草文様があしらわれています。なにより目を引くのが、向こう側が透き通った美しい白。
洗練されたデザインを物に落とし込めるのは、香蘭社の技術があるからこそ。

ハレの日を彩る食器から、ライフスタイルに寄り添う食器へ。
今回の取材記では、有田焼の新しい価値を提案する香蘭社のものづくりを紹介します。

有田焼と香蘭社の歴史と特徴

有田焼の発祥は1616年。豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に日本にやってきた陶工・李参平によって、磁器の原料である陶石の鉱床が発見されたことが始まりとされます。
良質かつ大量の陶石が採れるこの「泉山磁石場」は、その後数百年に渡って有田の磁器作りを支えることになりました。
また、良質な原料の産地であるだけでなく、有田の街は磁器作りに適した様々な要素が揃っていることが分かりました。
例えば、窯の燃料となる薪。陶磁器を作るための窯に使う薪には、高い火力が求められるため、樹脂が多い赤松が好まれます。当時の有田には、その赤松の豊富な自生地があったそうです。
それだけではなく、坂や川の多い有田の地形は、登り窯と呼ばれる斜面を活用した窯の建設や、水車を用いた臼による原料の加工工程にも最適だったと言います。

原料、燃料、地形。これらの相乗効果によって、有田は日本で初となる磁器の大量生産に成功し、現代まで受け継がれる一大産地となりました。

香蘭社のはじまり

元禄時代に有田で陶磁器製造を始めた深川家の祖・又四郎(初代深川栄左衛門)にルーツをもつ香蘭社。現在の形になったのは、明治維新の頃。八代目の深川栄左衛門が設立。様々な先進的な取り組みを行いました。
そのひとつが、通信網に用いる絶縁器具「碍子」の製造です。電信網の普及が急務であった当時の政府は、国産の碍子の開発を深川栄左衛門に依頼。この開発によって、通信網の発展に伴うニーズを掴むことに成功しました。
また、有田焼の更なる発展のため、万国博覧会への出品を計画。この出品の成功のために複数の窯元と共に設立された組織が合本組織香蘭社でした。
工業製品としての碍子の製造と、万国博覧会で数々の賞を受賞した美術品としての有田焼。
この両面の成功を実現した深川栄左衛門の先見の明によって、今の香蘭社が生まれました。

香蘭社の製造現場

ここからは、香蘭社の実際の製造現場を見せていただきました。

香蘭社の工場の外観

とても広い工場!香蘭社では、原料以外のほぼ全ての工程を自社でおこなっており、こちらの工場では約50名ほどの方が働いてらっしゃいます。
1階が磁器を成型する工場になっており、2階では絵付けを行っています。
まず初めに、1階で有田焼の作り方について教えていただきました。

効率とこだわりを両立した成型

有田焼の歴史でも見てきたように、磁器の原料は土ではなく陶石と呼ばれる石。現代では、熊本県の天草で取れた天草陶石を砕いた物を原料としています。

原料となる天草陶石

この原料そのものは、業者から仕入れているものですが、実はこの段階から香蘭社独自のこだわりが発揮されています。
「香蘭社では、業者から陶土の先行サンプルを受け取り、自社の研究室で工業製品レベルの成分分析をします。そうして確認した上で、問題が無かったものだけを入荷しています」

香蘭社では現在でも工業用の碍子を製造しているため、碍子の研究室があるとのこと。そうした工業製品のノウハウを応用し、磁器に用いる釉薬も原料にあったものを研究開発しています。こうしてこだわった原料によって製造の精度も増すため、薄い磁器を作ることもできるのだとか。

そうした厳選した原料を磁器の形に成型していきます。

「有田焼の成型方法は二種類。ひとつは土をろくろで回して整えるろくろ成型。もうひとつは土をどろどろにした泥漿(でいしょう)を石膏型に流し込む鋳込み成型です」

磁器を成型する圧力鋳込みに使う型

「これが焼き物の型になります。この型と同じものを何重にも積み上げて、穴の部分に泥を圧力で流し込んで成型します。圧力鋳込み製法という方法になります」

圧力鋳込みで出来上がった皿

こちらが、圧力鋳込み製法でできあがったお皿です。
ろくろ製法では作れない複雑な形状のお皿を作れるのが、圧力鋳込み製法のメリットなんだとか。

また、泥漿を使った製法はもうひとつあります。それがこちら。

石膏型にたまった泥を、ポリバケツに捨てている・・・?。私たちがイメージする磁器作りとはちょっと違いますね。

「こちらは排泥鋳込みという製法です。石膏型に泥漿を流し込むと、石膏が泥漿の水分を吸収して、泥が外側から固くなっていくんです。外側がちょうどいい厚さになったら、残った泥漿を排泥します。排泥した泥漿は、ふるいで濾して再利用します。中が空洞になったものを作るのに向いた製法です」

こうして出来上がったものを、窯に入れて焼いていくと思いきや、ここから更に人の手を加えていきます。

磁器を微調整する作業

ろくろの上で形を調整し、

磁器を微調整する水拭き

水拭きという処理を施します。水を使って、表面を慣らすことで磁器らしい柔らかい曲線や触り心地を作っています。

香蘭社では、製造現場の各所に機械を導入していますが、こうした人の手による仕上げはまだまだ欠かせないのだそう。
「機械を導入してたくさん作ってると思われがちですが、意外と人の手がかかっています。機械化をすると、機械にできることとできないことが生まれます。そうすると、できないことを止めたくなるのですが、そこでしっかり人の手を使うことで品質、最後のこだわりのところで差別化できるのだと思います」

機械化の例では、先ほどの圧力鋳込みの型を作る工程があります。
圧力鋳込みで焼き物を作るには、焼き物の型もたくさん必要になります。香蘭社では、この「型を製造するための型」も自社製造しています。

磁器の型を作るための石膏型

この型を作るには、デザイン図面から焼き物の模型(原型と呼ばれます)を作る石膏職人の技術が必要不可欠でした。ところが、そうした職人さんは産地でも年々減少しており、香蘭社でも現在ではCADとNCスライス旋盤を使った製法に切り替えたそうです。

「職人の手で作っていた頃は、原型に微調整を加えようとすると再度作り直しが必要でした。CADの場合は図面のデータに調整を加えればいいので、デザインの試行錯誤に使う時間がずいぶん効率化されたんです」

機械による効率化と人にしかできない作業の両立。
こだわりを大切しながらも、多くの方に製品を届けるための工夫を感じます。

素焼きし、絵付けする工程

成型したばかりの生地は、とても脆い状態。水にも弱く、そのままでは絵を描いたり釉薬をかけることができません。
この状態から、まず900度ほどの窯で素焼きし、ビスケットほどの固さに仕上げた上で次の工程に入ります。

磁器に釉薬を塗る作業

写真の手前の桶が釉薬で、その奥が水です。この釉薬に熱が加わることで、陶磁器のガラス質が形成されます。
この写真では、皿を手前の釉薬に浸したあと、水にくぐらせたあとで皿をくるりとひと回しする様子。
「釉薬をつけたあとに、滴る最後の一滴のところが分厚く固まってしまうんです。なので、釉薬が固まる前に水につけて散らすことによって、均一にムラなく塗ってるんです。」

1枚にかける時間はほんの5秒ほど。簡単そうに見えますが、この工程も熟練の技が必要なのだとか。

釉薬をかけたあと、いよいよ窯で焼き上げていきます。

1300度で磁器を焼き上げる本窯

こちらの工場には4機の窯があり、1300度の温度で焼き上げていきます。窯の外側でも、近づくと熱が感じられます。

焼き上がった磁器は、この段階で第一回目の検品が行われます。

焼き物の検品作業

「まず人の目で見て不良が無いかを確認して、それからひとつひとつ叩いて耳で確認します。ヒビが入っていると音が変わるのですぐに分かります」
実は窯の近くでは、焼き物を叩く「コンコン」という心地のよい音がずっと聞こえていました。その正体がこちらだったんですね。
こうした検査は工程のいたるところに織り込まれ、人の五感で行われています。

「焼き物の検査は、機械的なマルかバツじゃないんですよ。1回目の検査で感覚的におかしいと思ったものは、2回目3回目の検査でも違和感が生まれます。こうした感覚的な違和感に気づくことで、製品の品質が守られているんです」

2階の絵付室へ!

1階で焼き終えた磁器は、2階の絵付室で絵を施していきます。

有田焼では、素焼きの段階で絵付けを行う下絵付けと、本窯で焼いたあとに絵付けを行う上絵付けの2つの場合があります。今回は主に上絵付けの工程を見せていただきました。

まずは熟練の職人による手で施すもの。

有田焼の絵付け

ろくろを使ってひとつひとつに色を付けていきます。
「釉薬と同じで、簡単そうに見えますがとても真似できません」
とのお話。お話をしている間にもどんどん次の器を塗っていきます。

また、香蘭社では手描きの他にも次のような塗り方をしています。それがこちら。

プリント紙による有田焼の絵付け

無地の皿の上に、水に塗らしたイラストを転写しています。
「プリント紙といいまして、職人さんが手描きで使っているものとまったく同じ絵の具をシール状に印刷したものです。これを焼きつけると、余分なところが燃えて手で描いたものと同じ仕上がりになります」

プリント紙による有田焼の絵付け

型紙から外したあとは、ヘラや布などをいくつも使い分けてシワを伸ばしていきます。無地だった皿が、みるみるうちに絵付けされた鮮やかなお皿にhなっていきます。

香蘭社ではこうした転写紙も自社で生産しています。デザイナーの案をすぐに形にすることができるため、生産開発力にも直結しているのだそう。

こうして、絵付けが施された磁器は、800度ほどの窯で再度焼きつけられていきます。ものによっては、4度、5度と繰り返すことも珍しくないとのこと。
あの鮮やかな有田焼は、こうして幾度も人の手がかかっているんですね。

新ブランド by koranshaが始まった経緯

ここまで、香蘭社の歴史とその製造工程を見てきました。
焼き物作りに適した土地に芽吹いた文化を、時代の潮流に乗りながら技術を受け継いだものづくりをしてきた香蘭社。
2021年から新たに「by koransha」という新ブランドの展開が始まりました。

by koranshaのクロッシェ

絢爛な和食器としての有田焼とは一線を画した洋食器のby koransha。どういった経緯で生まれたのでしょうか。
発端は今から4年以上前。次の時代の香蘭社のあり方について社内で議論をはじめたとのこと。
そもそも香蘭社とはなんだろう。香蘭社のものづくりとはなんだろう。
議論を重ねて自社の強みを再度みつめなおし、形につくったブランドがby koranshaでした。

「140年の歴史の中で、香蘭社のブランドはハレの日の和食器として、多くの方に愛されてきました。40代以上を中心にコアなファンの方がいる一方で、洋食器に親しんだ若い方の中には、香蘭社を知らない方が多いんですね。
by koranshaでは、そうした若い方に香蘭社のものづくりに親しみを持ってもらうためのブランドになります。日々の生活の中で気に入っていただいて、いずれハレの日の和食器に興味を持っていただいたときに、香蘭社を選んでいただければと思っています」

長い歴史があるからこそ、発想の転換が大変だった、と語る専務。
普段使いの食器として、お客様のイメージやどうしたシチュエーションで使われるかについても、想像しながらデザイン・開発を進めたと言います。

そうした経緯で生まれたby koranshaには、有田焼の伝統的な技術と様々な新しい試みが詰め込まれています。

by koranshaのクロッシェの模様

冒頭で紹介した透き通ったマグカップの「クロッシェ」。
磨り硝子のような透き通った質感で全面にあしらわれた草花の凹凸模様は、釉薬を銅板転写する新技術が用いられています。

こちらの、kogane/shiroganeにも新技法が取り入れられています。

bykoranshaのkoganeとshirogane

金属製のタンブラーと見間違うようなテクスチャーは吹きつけによるもの。
昭和レトロを想起させる愛らしい絵柄は、新技法のレリーフ加工が採用されています。
ざらつきと光沢を両立した磁器とは思えない質感だけに、展示会などでも反響が大きいといいます。

「香蘭社ブランドではできなかった新しい技法に挑戦できるのはby koranshaだからこそです。それだけに生産も難しかったのですが、ようやく世の中に出すことができました」

伝統と挑戦を両立したby koransha。その中で意外なこともあったといいます。

「展示会に出したときに、バイヤーさんから製品の仕上げについてお褒めをいただくことが多かったです。縁の処理や釉薬の痕について、他社では見たことないくらい品質がいい、と。社内的には当たり前の部分でもあったので、弊社の技術水準の高さを再認識することになりました」

by koranshaのカップの底面のロゴ

香蘭社と有田焼きの目指すもの

香蘭社のショールーム

ライフスタイルの変化に加え、新型コロナの流行による観光客の減少や、磁器の名地・有田はいま、転機に立たされています。

「地方都市としての人口減少もある中で、有田焼の技術の担い手も減っています。弊社の工場を維持するためにはそれなりの人数が必要ですから、常に危機感を抱いています。新しい取り組みを模索しているのは、そうした経緯もあります」

もちろん、こうした危機感は香蘭社だけのものではありません。
有田では、香蘭社以外の窯元でも、既存の有田焼にとらわれない新しい商品が次々と誕生しているといいます。

そんな中、香蘭社と産地との関わり方はどう変わっていくのでしょうか。

伝統的建築物を示す陶器の看板

「たとえば、弊社のショールームは文化財にも指定された歴史ある建物です。商品だけでは無く、歴史や文化も含めた弊社の強みを組み合わせて、県外の方にも有田焼の魅力をもっと伝えていきたいですね。そうして地域貢献できる状態までもっていくことが、会社としての使命だと考えています」

明治維新の激動を、追い風に変えて発展を遂げた香蘭社。
時代の変化を帆に受けて未来に向かう精神は、手作業と機械化を両立する製造現場や、新しいブランドへの向き合い方にも、受け継がれているように感じました。

by koranshaという名前には、「日常によりそう」という意味が込められています。
有田焼の美しい食器とすごす日常に思いを馳せながら、お話をうかがわせていただきました。



by koranshaの商品一覧




マグカップ クロッシェ







タンブラー kogane/shirogane












クロダ

クロダ ブランド紹介
手袋の産地香川県東かがわ市に手袋製造業として創業。
40年以上続くクロダの伝統的なレザーグローブは、現代のライフスタイルを反映した機能性素材を使用。指先まで美しく見えるのはステッチまでデザインしています。
手を入れた感覚はどこまでもなめらかで包み込むような心地良さは、冬の外出を楽しくします。






KURODA取材記



みなさん、日本の“手袋”の産地といえば、どこを思い浮かべますか?
一般的に手袋は、防寒目的として使われるアイテム。その特性から、日本列島の北側、寒さの厳しい地域を産地としてイメージされた方も多いのではないでしょうか。

実は、日本最大の「手袋の町」は、香川県の東かがわ市です。温暖な香川県が産地なのかと意外に思われるかもしれませんが、なんと全国生産の90%という圧倒的なシェアを誇ります。

なかでも今回は、レザーグローブを手掛けて40年以上の歴史を持つ「KURODA」にお邪魔しました。
KURODA
お話をお伺いしたのは、代表取締役社長の棚次さん(右)と経営企画部部長の佐竹さん(左)です。
KURODA
KURODAの手袋は、手を入れた瞬間、ほわっと優しく包み込まれるような心地よさがあります。
クロダ No.BR14901L4 レディース革手袋 Cuffs タッチパネル対応
すっと伸びた美しい指先と、洗練されたデザインも魅力です。
クロダ No.BR14102M4 メンズ革手袋 Standard Colo
今回の取材では、香川で手袋産業が根付いた歴史から、海外工場の現状、日本のモノ作りの魅力まで、さまざまな話をお伺いしてきましたので、その熱量を少しでもみなさんにお届けできると嬉しいです。


手袋の産地・東かがわ市が誕生したきっかけ
そもそも手袋産業が東かがわ市で盛んになったきっかけは、なんだったのでしょうか。その礎を築いたのが、両子舜礼(ふたごしゅんれい)と棚次辰吉(たなつぐたつきち)という二人の人物です。
KURODA
はじまりは明治時代。東かがわ市でお坊さんをしていた舜礼は、とある女性と恋に落ち、駆け落ちして大阪に移り住みます。
そこで生計を立てるため着目したのが、メリヤス生地の製造でした。なかでも手袋の需要が高まっていくと見越した舜礼はその製造に乗り出し、彼の従弟であった辰吉など数名の若者を呼び寄せ、事業を拡大していきました。

ところが、舜礼は若くして病気で亡くなってしまいます。残された辰吉は地元の東かがわ市に帰郷。手袋作りを地場産業として根付かせていきました。
「もともとこのあたりは『塩』と『サトウキビ(和三盆)』と、農業くらいしか産業がなくて貧しかったんです。農業の合間にやる家内工業として、手袋作りが広まっていきました」と棚次さん。


一社員が、突然社長に
実はこの歴史ストーリーに出てくる「辰吉」が、棚次さんの曽祖父にあたります。

「小さい頃はイヤでしたね~(笑)。地元では曽祖父が有名なのでその子孫として『お前も手袋産業をやるだろう』って思われるし、昔は長時間労働のキツイ仕事というイメージがあったし。私自身、手袋関連の仕事に従事する気はなかったんですよ」と語る棚次さん。
KURODA
学校卒業後は、手袋とまったく関係のない職業に就きました。しかし、地元で働きたいという想いが強くなり、縁があってKURODAに入社します。
「それから長年ずっと営業をやってきたんですけど、44歳のとき会長(当時の社長)にいきなり『4月から社長をしろ』と言われまして。もうイエスかノーですよ。ノーだったら辞めなきゃいけない(笑)」

偉大な曽祖父が理由だったわけではなく、棚次さん自身が長年働き続けた結果、社長というポジションにたどり着いた。当時の中小企業では、このようにまったく血縁関係のない一社員が代表権をとるのは珍しかったそうです。最初は就きたい仕事ではなかったかもしれないですが、棚次さんにとってこの仕事は天職だったといえるでしょうね。


「人がしないことをする」KURODAのモットー
KURODAを一代で築き上げたのは、現在、会長を務める黒田さん。
棚次さんによると「会長は業界でも異端児というか…過去に例がないことをやる人だったんですよ。“人がしないことをする”という考え方を持っている人です」とのこと。

その言葉通り、KURODAは日本を飛び出して、海外に次々と工場を設立していきます。最初は、1986年に中国の上海に工場を作りました。今でこそ海外に工場を持つ日本企業は多いですが、当時としては非常に早い進出です。
KURODA
「10数名しかいない会社が上海に出るということ自体が異色で、当時はまわりから色々言われましたね。でも会長は20年、30年先を見越していたんです。まわりはみんな止めたけど、頑として譲りませんでした」


海外ならではの、苦労を乗り越えて
「それから3年くらいは非常に苦労しましたね」と、当時の中国工場について語る棚次さん。
日本の技術者を半年間ほど中国に送って、どんどん指導を行いました。そうして人を育てていくうちに品質レベルも驚くほど向上し、今では自社の海外生産の約8割を中国工場が占めるほどに。
KURODA
「日本の工場ではできないけど、中国ではできるということもあるんですよ。それくらい技術力は高いです」と佐竹さん。

続いて2011年には、インドに工場を作りました。当時は、日本企業も100社ほどしか進出していなかった時代です。
「まだジェトロ(日本貿易振興機構)の事務所ができていないときで。『手袋屋さんが何しにきたんよ?』と言われましたわ(笑)」と棚次さん。

そんななか、インドでは宗教の壁が立ちはだかります。イスラム教、ヒンドゥー教、キリスト教、仏教など、さまざまな宗教が混在するインドならではの問題です。
「宗教ごとにお祭りやフェスの習慣が全然違うんですよ。お祭りがあるたびに毎日どこかのラインの誰かが休むので、全員揃うことがまずありませんでした」
KURODA
さらにインドでは建物を建てるのにも苦労したとか。
「工場の建物を建てるだけで、3年かかりましたからね。寮も建てたけど、インドの建築の基準法みたいなのに引っ掛かったんで全部潰すことになって、だいぶもめましたわ(笑)」

こうやってお話を聞くといろいろ苦労されたようですが…。
「でもまぁ、会社が伸びていくころやったんで、今ふり返るとおもしろいですよ。向こうに行って、片言の英語でケンカして帰ってくる(笑)。こんな経験、なかなかできないし」と笑って話してくれた棚次さん。
「海外に工場を作るのも、全部商社を挟んでいないんですよ。基本的に商社を使うのが嫌いなんで(笑)自分たちで乗り込んでいって、自分たちで交渉してやっていく。だから苦労もするんですけどね」

2017年には、ミャンマーに工場を作りました。ところが今度はクーデターが勃発。さらに昨年はコロナの影響もあって、ほぼ生産ができなかったそうです。
KURODA
「今は、ミャンマーから日本に研修生を呼んでいます。日本で技術を習得して1年経ったらミャンマーに戻り、工場のみんなに伝えていくというサイクルを作ってるところです。今後技術が伝播していって、国情もよくなるといいんですが…」と佐竹さん。


日本製ならではの、魅力とは?
KURODAの海外生産は、ただ海外の工場に製造を委託しているのではなく、KURODAの技術をしっかり伝えた自社工場であることが特長です。
「同じ海外生産でも、うちの商品は品質的に国産と同じレベルのものが作れますので『KURODAの海外工場なら安心』と言われることも多いです」

技術的には海外生産も日本生産も差がなくなってきたKURODAですが、では逆に日本製ならではの魅力というのはどこにあるのでしょうか。
KURODA
「海外の職人さんと日本の職人さんは、やっぱり育った環境なんかによって、ちょっとだけ視点が違うんですよ」と棚次さん。
「例えばゴルフの手袋を作る場合、『ゴルフをするときに使うんだから、こういうところをこういう風に注意した方がいい』という気配りや思いやりなんかは、やはり日本の職人さんのほうができたりするんです。特に日本の消費者の方の目線は厳しいので、職人さんも自然と工夫を凝らすようになります」

私も今までたくさんの作り手さんとお話をさせていただき、細部にこだわりがあったり、細かいところまで手を抜かなかったりする、日本のモノ作りのよさに触れてきました。
そこにはやはり「何を考え、想像しながら作ったか」「使い手にどこまで思いを馳せられたか」みたいなものが積み重なっているのかな、と。それが日本のモノ作りのクオリティの高さに繋がっているんだと思います。


KURODAの手袋が、目指すところ
KURODAの手袋が一番追求しているのは、手を入れたときの「はき心地のよさ」です。カシミヤやボアといった裏地の気持ちよさはもちろんのこと、革自体にも独自の工夫を加えています。
KURODA
「うちは輸入した革をすべて自社で計量器にかけ、柔らかく伸ばし、再加工して使っています。その一工程が他社との大きな違いです」と棚次さん。
「手袋の革は柔らかくフィットすることが大事なので、ほぐして繊維をゆる~くしてやらないといけない。そのためには、革を伸ばす工程がすごく大切なんです。これをやらないと手袋が途中でいびつな形になってしまう。まさに職人技の部分です」
長年レザービジネスに取り組み、革に関する知識や経験を積んできたKURODAだからこそできる技ですね。


すべて手作業で行われる、手袋の製造現場
ここからは実際に手袋を作る工場を見学させていただきました。
KURODA
まずこちらは革を裁断する作業です。シワの入り具合や無駄のない取り方などを考えながら職人さんが金型を置き、上から機械でプレスしてカットします。
KURODA
革を事前にバランスよく伸ばしてから裁断することで、革が伸び過ぎるのを防ぎます。加減がとても難しい作業だそう。
KURODA
こちらは手袋の親指を縫製しているところ。とても細かい作業なので、見ている方は思わず息を止めてしまいます。
KURODA
こちらは服飾の専門学校を卒業した新人の職人さんですが、手際がよくてびっくり! 「手袋は手につけるものだから、細かいところまで目がいっちゃうので…服を縫うよりもめちゃくちゃ難しいです」
KURODA
指先の細かいところまで、一本一本丁寧に確認しながら縫製していきます。
KURODA
KURODA
ミャンマーからきた研修生のおふたり。2か月間日本語の勉強をしたあと、ここで縫製技術を磨いています。
KURODA
KURODA
こちらは、最後の仕上げの工程です。温めた金型を手袋に入れて、ひとつひとつ形を整えていきます。
KURODA
仕上がった手袋は、シワひとつなくピンとして、本当に美しいですね。


手袋といえばKURODA、となるように
最後に、今後の展開をどのように考えているかお伺いしました。
「最終的には『手袋=KURODA』まで持っていきたいんです」と語ってくれた棚次さん。そのため、今後は自社ブランドの販売に力を入れていくそうです。
KURODA
「今までOEM(他社ブランドの製品を受託製造すること)で、有名ブランドの手袋は全部ぼくらが製造してきたんです。でもそれだと、物は作れるけど名前は出ていかない。世界的な革の展示会ではKURODAの名が知られてるんですけど、一般的にはまだまだ広まっていないので、まずは知名度をあげていきたいですね」

今回の取材で、私自身、海外生産というものの見え方が変わりました。海外製は品質が…と思う方もいらっしゃるかと思いますが、KURODAのように日本側がモノ作りの部分をしっかり管理することで国産製品と同じくらいのクオリティを維持することができるのですね。
また逆に、日本のモノ作りの魅力も再確認することができました。貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。









クロダの商品一覧



クロダ No.BR14102M4 メンズ革手袋 Standard Color

日本製の革手袋 | メンズ





クロダ No.BR14105M4 メンズ革手袋 タッチパネル対応

日本製の革手袋 | メンズ
タッチパネル対応




クロダ No.OB10201M8 メンズ革手袋 ハリスツイードグローブ タッチパネル対応

日本製の革手袋 | メンズ
ハリスツイード タッチパネル対応




クロダ No.BR14801L4 レディース革手袋 Cuffs

日本製の革手袋 カフス | レディース





クロダ No.R14901L4 レディース革手袋 Cuffs タッチパネル対応

日本製の革手袋 カフス | レディース
タッチパネル対応




クロダ No.WV10001L7 レディース革手袋 ハリスツイードグローブ タッチパネル対応

日本製の革手袋 | レディース
ハリスツイード タッチパネル対応






BLANKED

BLANKEDのロゴ

BLANKED(ブランケッド)は、 綿繊業発祥の地「三河」で70年以上、生地づくりを行なってきた老舗メーカー 「ナカモリ」がつくる、ガーゼケットのブランドです。
ガーゼケットの土台となっているのは「三河木綿」。
室町時代から現代まで三河地域では、 精錬・染色・織・縫製、それぞれの職人が集まる繊維の町として、 織物を継承・探求し続けています。

BLANKED 取材記

ガーゼケットと聞くと、
どんなものをイメージするでしょう。
使い込んでもくたっとせず、
どんどんふっくらしていくブランケット。

長く使っていくうちに風合いがでて身体になじむガーゼケットが、愛知県蒲郡市にある有限会社ナカモリで企画・販売、中瀬織布合資会社にて製造されています。

2社の社長はいとこ同士なのだそう。
それぞれの役割を担い、2社で協力しながらガーゼ生地の商品を展開してこられました。

中瀬織布合資会社のみなさん

中瀬織布合資会社の代表取締役・中瀬孝充さん、有限会社ナカモリの中瀬綾乃さんと柳奈津江さんにお話を伺いました。

新ブランド「BLANKED」への想い

新しくスタートした「BLANKED」は、ガーゼケットのブランドです。
タオルケットを使っている人は多いけど、ガーゼケットという言葉は知らない人が多いのでは?
肌に優しく機能的な「ガーゼケットを広めたい」という想いでブランドが誕生したのだそうです。

BLANKEDのガーゼケットの特徴は「多重織」

「同時に重ねて織ることで空気の層ができ、通気性と保温性を兼ね備えるんです。
使っていくと良い風合いが出てきます。ふっくらして身体に馴染んでくるのが持ち味ですね。」と中瀬社長。

中瀬織布合資会社のみなさん

ガーゼと聞いて思い浮かべるのは、ベビー用品やキズの処置に使うものでしょうか。

ガーゼはキズを覆うものとあって肌に優しい生地。赤ちゃんにも安心して使えるもの。 それを寝装品に活かせないかということで、多重ガーゼケットの開発に至ったのだそうです。

天然素材を使って国産で作られるガーゼケットの品質を知ると、手放せない一枚になりそうですね。

繊維の町の技術と国産へのこだわり

中瀬織布合資会社と有限会社ナカモリがある愛知県蒲郡市は「三河木綿」で知られる繊維の町。

昭和10年〜30年代が織物のピークで、当時は1000軒もの機屋がありましたが、今では40軒ほどまでに減ったといいます。三河織物は今でも伝統産業として受け継がれ、昔ながらののこぎり屋根の機屋も僅かながら残っています。

中瀬織布では、初期の頃は平織りや綾織りで製造していましたが、織り機の進歩に沿ってジャガード織での製造を広げてきました。

ジャガード織とは、色や素材が異なる糸を組み合わせ、ジャガード専用の織り機に組織を読み込ませて作られる織物のこと。
柄が立体的に浮かび上がるのが特徴で、プリントされた生地と比べて高級感があります。

ジャガードのシーツやカーテン、テーブルクロスなどをメインにしていて、問屋から仕事を受注することが多かったのだそうです。

ガッチャンガッチャン…と音を鳴らせてゆっくり織る機械で生産していた時代から、スピードを上げて量産を可能とした高速織機を使う今まで海外生産に頼ることなく、国内生産で続けてこられました。

中瀬織布の工場

こちらが中瀬織布の工場。
織機のパーツが置かれているのを見ると、地場の空気を感じられます。

今では、天然素材を使用したガーゼ生地の製造がメインになりました。
伝統産業とはいえ、自分たち独自のやり方を見出してこられたお話を聞くと、さまざまな苦労を乗り越えてこられたことが伺えます。

日本での生産にこだわる理由

蒲郡市に最盛期には1000軒くらいあった機屋が減少した背景は、海外に製造が移行したことが大きかったのだそうです。

「ものすごいスピードで、あれよあれよという間に仕事がなくなりました」と中瀬社長。

それは15年くらい前の話。 地元の問屋も仕事を中国に移行するようになり、本当にやばい!と焦りを感じる状況に陥りました。 自分たちで柄をつくって、紡織をして、ナカモリの社長と一緒に展示会に出続けたのだそうです。

「工夫をして商品を作り、見てもらう」ことの繰り返し。熱意と根気を要する挑戦だと思います。

当時、中国の工場を尋ねてみたところ、価格も人件費も安くて驚いたといいます。 中国で生産しようとは考えなかったのか伺うと、

「多重織はどうしてもキズがつきやすく、当時の中国の設備では織れなかったのです。 日本でやってきた中でも、機械を最新のものに入れ替えながら、ガーゼに適した設定をみつけてきたのでね。日本で機械をこまめに管理しながらやっていくことが必要だと思いました」と中瀬社長。

当時は 今のようにWEB会議が簡単にできるわけではなかったので、海外生産では見えない部分が出てきてしまうのではないかという心配もあったのだそう。
やはり 日本で製造する方が不安が少なく、自信をもって製品を出せるのだと思います。

MADE IN JAPANのブランドの誠実さを感じます。丁寧なものづくりが続けられてきたというこだわりが見えますね。

自社の強みを活かすために

真似されないようなもの、自分のところでしか作れないようなものを製造したい!という想いで BtoC の事業をスタート。

まずはハンドメイド作家さんに向けてガーゼ生地を販売することからはじめ、前身となる「fuwara」というブランドを展開しました。

fuwaraの商品はギフトショーへの出展を重ねながら、販売先とのつながりを広げたのだそうです。

fuwara

ギフトショーで出会う販売先は考え方が多様で、ものづくりへのこだわりに共感してもらえるお店ばかりではなかった分、どうしても安さを求められることがあったといいます。

「価格競争になったところで、どんどん価格を下げると頭打ちになるので、商品開発に力を入れています」と中瀬社長。

価格ではなく、独自の技術力と、それに合ったデザイン性のあるものを開発することで戦うことを選ばれたということですね。
そこで、もとは柄のデザインを外注していたのを、柄・織りの組織・企画を自社でつくれるよう内製化したのだそうです。
これにより試作や開発の費用を抑えることができ、より沢山の試作と開発に取り組み、高付加価値でありながら競争力をもった商品開発ができるようになりました。

BLANKEDのブランディング

良いものが作れても、その良さが伝われらなければ、過去に中国製が入ってきた時のようなことを繰り返してしまう。

これまでの経験から新たなブランドでは、
「こだわりがある商品を展開するお店に置いてほしいと思いました」
「今までに参加したことがなかったこだわりのあるお店のバイヤーが集う展示会への出展をきっかけに新しいブランドを作ったんです」
ナカモリの中瀬さんと柳さんが語ってくださいました。

そうして多重ガーゼの特徴と素晴らしさを伝えるブランド「BLANKED」がスタート。
「ブランケット/BLANKET」であるところを「ブランケッド/BLANKED」としているのは、「使い込んだ」という意味が込められています。長く使い込むごとに柔らかくなって 身体に馴染む 特別な一枚です。

BLANKEDのロゴ

初出展の展示会では、これまでに取引のなかった取引先との出会いが多くあったのだそう。
商品の価値を分かってもらえる取引先との出会いを通して、価値を丁寧に伝えるということを大切にしたブランディングに取り組まれています。

「これまでとは別の販路でも商品が展開され、新しい客層にも使ってもらえることに期待が高まりまっています」

国産・天然素材へのこだわり

時代に合わせていきながらも、国産で天然素材にこだわる商品づくり。 工場の様子を見せていただきました。

昔はガッチャンガッチャンと音をさせながらゆっくり織る機械を使っていましたが、今は「エアジェット」や「ウォータージェット」といった高速機を使って生地を織っています。

織り機15台をすべて高速機にしたことで、短納期への対応も可能になったのだそうです。

これがエアジェットの機械。

エアジェットの機械

色鮮かな糸が高速で織られていく様子は、なかなか見られない光景です。

高速機では、毎分1000回転で生地を織ることができるんだそう。
昔ながらの機械は、毎分100回転ほどだったため、10倍ものスピードです。

BLANKEDのガーゼケットは四重織。

4枚を同時に重ねて織られたガーゼケットの断面を見せてもらいました。

4枚を同時に重ねて織られたBLANKEDガーゼケットの断面

間に荒目の生地をいれることで、ふわっとした空気の層ができるといいます。

4枚を同時に重ねるBLANKEDの構造

このガーゼケットが、使っていくごとにふっくらした良い風合いが出てきます。

汗をしっかり吸ってくれ、通気性も保温性も高いガーゼケットが、やわらかくなって身体に馴染み、特別な一枚になります。

キズがつかないよう管理されながら、同時に重ねて織られたガーゼケット。
優しいガーゼケットの製造工程にこだわりを感じます。

塗り終わった漆器を乾燥機で焼き付けをおこない、塗装を定着させます。
最後に、検品をおこなってクリアしたものを、次の工程へと引き継いでいきます。

贈り物に、親子で同じものを使う喜びに

ガーゼケットというと、出産祝いなどで耳にすることが多いものとあって、ベビー用のものからはじまりました。「子供が使うものには肌に優しい天然素材を選びたい」という親御さんが昔から多いこともいえるでしょう。

こうした背景があって、ガーゼケットはベビー用と大人用が展開されています。

「BLANKEDのガーゼケットは、親子で同じものを使えるんです」 意外とこういう商品展開って珍しく、親御さんも喜びを感じらます。

中瀬社長も、「大人の方が使っていただいても十分喜んでいただける商品です」とお話しされていました。

中瀬織布の代表取締役の中瀬社長

今後の展開について聞くと、ニーズに合った商品を作っていきたいとのこと。

国産のガーゼケットは、しばらく使ってみて「やっぱりいいな」と思えるもの。コロナが流行る前には、海外の展示会にも参加して来られた経緯もあるのだそうです。

原材料が高騰していて、良質なものを安く提供するといったことが厳しい状況ですが、今できることに挑戦し、試行錯誤を重ねてこられました。

最近では、ガーゼケットの商品は三河で製造し、やわらかく加工する工程を愛媛県今治市でお願いするといった産地間コラボもされているんだそうです。

「地元だけでの商売では難しい時代になっているからこそ、産地間交流をしながら盛り上げていきたいですね」と中瀬社長。

ものづくりの産地同士での交流があるということを新鮮に感じました。 こだわりをもつ生産者同士が協力することで、更に良いものが作られるのだと思います。

なかなか聞くことができない貴重なお話を聞かせていただきました。長時間取材にご協力いただきありがとうございました!

| 製造現場ムービー |





BLANKEDの商品一覧


ガーゼケット -BLANKED-

ガーゼケット -BLANKED-












オークヴィレッジ

オークヴィレッジ ブランド紹介
国産の木材を余すことなく使い切る。「木の文化」を生活の中に取り入れ「森と共生する暮らし」をテーマに、1974年受注生産の家具工房として創業しました。
子供の頃から国産の無垢材を使った家具やおもちゃに触れることで、森とつながる暮らしを楽しんでいただければと考えています。
そうした想いはさまざまな家具や暮らしの木製品へと広がり、オークヴィレッジならではの住空間の提案にもつながっています。




オークヴィレッジ取材記



岐阜県の北部に位置する飛騨高山は、90%以上の林野率(土地の総面積に対する林野面積の割合)を誇る、自然資源が豊かな地域です。

今回は、そんな飛騨高山の里山に工房を構える「オークヴィレッジ」にお邪魔しました。敷地内は深い緑の森に囲まれ、清らかなせせらぎが流れ込み・・・まさに自然とともに歩む“理想郷”のような場所です。
オークヴィレッジ
お話をお伺いしたのは、営業の森下さん(左)と工場長の小木曽さん(右)です。
オークヴィレッジ
オークヴィレッジは、国産の木材を使用して家具や木工品といったものづくりに取り組む工房です。日本いいもの屋では、子どものおもちゃを中心に取り扱っています。
オークヴィレッジ 海のいきものつみき
オークヴィレッジ 森の合唱団
今回の取材では、オークヴィレッジを立ち上げた経緯から、ものづくりに込められた想いまで、たっぷりお伺いしました。


創業者は、熱い想いを持った若者たち
オークヴィレッジが飛騨高山の地に創業したのは、1974年。立ち上げたのは、東京から移住してきた5人の若者たちです。

彼らは、いわゆる団塊の世代。大学を卒業したあとは大手企業に就職するのが普通と考えられていた時代ですが、彼らはそれまでまったく関りのなかった木工の世界へ飛び込みます。

「創業者はみんな、“へそまがり”だったんでしょうね(笑)。時代に流された一般的な道ではなく、自分たちの『想い』が実現できる道を選んだんです」
オークヴィレッジ
創業メンバー全員を突き動かした『想い』。それは、『自然との共生を目指し、循環型社会を作る』というものでした。
「同業の工房さんは『家具を作りたい』というところから始まっているんでしょうけど、私たちは違います。『循環型社会を作りたい』という創業者たちの想いが、ベースにあるんです」

サステナビリティが大きく叫ばれる現在では、「循環型社会」という言葉もよく聞くようになりました。しかし、オークヴィレッジが創業した当時は大量生産・大量消費がもてはやされた時代。地球環境を顧みる企業など、ほとんどありません。
そんななかでいち早く日本の森林資源に注目し、未来を見据えて動いた5人の若者たちは、まさに先見の明があったと言えるでしょう。映画や小説になりそうな、ドラマティックな創業秘話に驚きました。


オークヴィレッジを支える、3つの理念
では、循環型社会を実現するため具体的にどう動いていったのでしょうか。
「彼らはまず、石油資源だけに依存することをやめ、木を『植えて、育てて、切って、使う』というサイクルを適切にまわそうと考えました」
その想いは、オークヴィレッジの3つの理念として今もしっかりと受け継がれています。ここでその理念をご紹介しましょう。

【1】 100年かかって育った木は、100年使えるものに
1本の木が育つまでには、50年、100年という長い年月がかかります。そんな大切な木を使うからには、それ相応の、長い年月使える家具を作ろうという考え方です。
オークヴィレッジ

【2】 お椀から建物まで
毎日使うお椀から、生活する建物まで。暮らしのさまざまな場面で木を使う提案を行います。
オークヴィレッジ

【3】 子ども一人、ドングリ一粒
オークヴィレッジの『オーク』とは、『ナラ』の木のこと。実はこの木、私たちにとって馴染みのあるドングリをつけるんです。
1本の木を使ったら、1粒のドングリを植えて苗を育て、それを山に植樹し、次の世代に木を残していこうという考え方です。
オークヴィレッジ


たとえ、時代の流れに逆行しても
大きな希望を胸に、縁のあった飛騨高山で始動したオークヴィレッジ。ところが、なにもかも順風満帆というわけにはいきませんでした。
「100年使える家具というコンセプトで動き出したとき、やっぱり他の家具メーカーさんからは、『お前たちアホか』と言われました。『100年使える家具なんて作ったら、ほかの商品が売れなくなるじゃないか』と…」
オークヴィレッジ
高度経済成長の頃、家具は「作れば売れる」時代でした。そのため、商品のライフサイクルが短いもの、流行り廃りがあるものをあえて世に出し、壊れるか、飽きさせるかして次を売る、という動きが主流だったのです。
「そういうサイクルに反旗を翻したわけなので。まぁ、時代の『裏』をいってますよね(笑)」

しかし、そんな時代も今や終焉を迎えました。
「今は逆に、どこの家具メーカーでも環境のメッセージをアピールしないと物が売れなくなりました。そういう意味で、やっと時代が追いついてきたのかなと思います」と語る小木曽さん。


国産材を、有効活用したい
オークヴィレッジの社名にもなっているオークですが、もともと日本では、ものづくりにあまり使われない木材でした。
オークヴィレッジ
オークのような広葉樹は、9割がパルプ(紙)になります。しかし知識や技術があれば、たとえ広葉樹でも、家具や木工品を作ることはできるのです。
「このままパルプだけに使うのはもったいない。日本の広葉樹をもっと有効活用しようと考え、うちは創業当初から一貫して国産の広葉樹を生かしたものづくりをしています」と語る小木曽さん。


鍵となるのは、自社で抱える職人たち
広葉樹を有効活用するためには、材料を見極めて、それを実際に形にしていく職人が重要になってきます。
「うちは問屋を通さず、職人が直接、山へ赴くんですよ。そうして木の性質やクセを見極め、『この部材はここに使える』という“適材適所”を判断していくんです」
例えるなら、飛騨牛を一頭買いするイメージだそう。肩ロースのようないい部位だけを使うのではなく、テールもタンも工夫して使って、おいしい料理を作っていく。

オークヴィレッジでいうと、イスやテーブルといった家具だけでなく、適材適所を考えながら小物まで手掛けることで、木材をすべて無駄なく活用していきます。
オークヴィレッジ
また、今の国産材は昔と比べて細い木が多いため、物を作る際にも木目や色を合わせたりといった作業が必要となり、通常よりひと手間もふた手間もかかってしまいます。
「うちの職人たちは、そういう手間を惜しまずやってくれるんですよ。しかも、ひとりひとりがやり方を工夫して、こだわってやってくださる。本当にありがたいです」

職人として「ものづくりができる」というのはもちろんのこと、その一段、二段、上の意識を持っている。言葉にすると簡単なようですが、なかなか難しいことだと思います。


木の特性を生かしたものづくり
100年使えるものづくりを実践するため、オークヴィレッジでは独自の工夫を行っています。そのひとつが塗料です。
木の呼吸を妨げない「植物性オイル」を使い、自社で「漆塗り」も行います。塗り直しやメンテナンスが可能なので、商品と長く付き合っていくことができます。(※小さな子ども向けおもちゃは無塗装で仕上げています)
オークヴィレッジ
また、オークヴィレッジの家具は耐久性を最大限に引き出すため、伝統工法である「木組み」を用いています。これは、ビスや金具をなるべく使わず、木に切り込みを入れて木と木を組み合わせていく工法のこと。
オークヴィレッジ
「木の特性を殺すことなく、昔からのやり方でものづくりをしています」と語る小木曽さん。創業者たちの精神が、ここにも深く息づいていますね。


こだわりが詰まった現場へ
ここからは、実際にものづくりの現場を見ていきましょう。
オークヴィレッジ
まずは、チェアや小物を作っている工場にお邪魔しました。
オークヴィレッジ
当店でも取り扱っている「海のいきものつみき」「森のどうぶつつみき」を制作中。木の板がみるみるうちに、かわいい動物の形に生まれ変わっていきます。
オークヴィレッジ
こちらは「森の合唱団」の木琴を作っているところ。小さなお子様が触っても痛くないよう、鍵盤一本一本に丁寧にやすりをかけて仕上げます。
オークヴィレッジ
木琴の外枠にも、木組みの手法が用いられていますね。
オークヴィレッジ
こちらの低座のイスも木組みです。意識して見ないと分からないところに、こだわりの技がさりげなく使われています。
オークヴィレッジ
私も今までいろいろな工場を見学させてもらいましたが、特にオークヴィレッジの工場はきちんと整理整頓が行き届いているのに驚きました。
「せっかく良い物を作っていても、現場が危険だとやっぱり商品に出てしまうと思うので。そこは気を付けてやっています」
オークヴィレッジ
工場の壁には、歴代の職人が使ってきたのこぎりがズラリ。オークヴィレッジの歴史を物語っていますね。
オークヴィレッジ
こちらは、木のお皿に植物性のオイルを塗って乾燥させているところです。植物性なのでいい香りがします。
オークヴィレッジ
独自に調合した植物性のオイル。これを塗った商品は使い込むほどに独特の味わいが出てくるため、自分で家具を“育てる”楽しみが味わえます。
オークヴィレッジ
漆を塗っている工房では、職人さんが作業しているところを見せてもらいました。丁寧に漆を塗ったあとひと晩乾かし、またその上に漆を重ねて塗るという工程を5~6回繰り返して、きれいなツヤを出していきます。
オークヴィレッジ
こちらはボウルに漆を塗っているところ。ちょっとマットな質感を楽しんでもらう商品なので、漆は2回塗って仕上げます。
「ムラが出ないよう手早く均一に塗らないといけないので、その調整が難しいですね」
オークヴィレッジ
ちなみに、おがくずも飛騨牛の牛舎に持っていってもらい有効活用しているそう。その後、牛のフンと尿が混ざったおがくずを発酵させて堆肥にし、それを今度は野菜を作る農家さんに譲ります。最終的には土に還るので、これぞまさに『循環』ですね。


理念とビジネスを両立するには
お話をお伺いすればするほど、冒頭で紹介した3つの理念が社員や職人のみなさんにしっかり行き渡っていることが伝わってきます。それが、クオリティの高いものづくりの原動力になっているのでしょう。
「がんばってやっているつもりはないんですけど(笑)もうそれが、当たり前のようになっていますね。創業者の方々がこういった理念を残してくださったことに、感謝しています」
オークヴィレッジ
こういう企業理念がある場合によく起こりがちなのが、理念を追求しすぎてビジネス面が後回しになってしまうこと。
オークヴィレッジの場合は、そのバランスのとり方がすごく上手だなと思います。
「そこはやはり、お客様に支えられた部分が大きいですね」と小木曽さん。
オークヴィレッジ
お客様とは単に『物を売ってお金をいただく』だけの関係ではなく、『理念からものづくりの背景まで丸ごと共感してもらって一生お付き合いいただく』ような関係を築いていく。
オークヴィレッジはそれが無理なくできているからこそ、理念とビジネスを両立することができるのだと思います。


| 製造現場ムービー |





オークヴィレッジの商品一覧



オークヴィレッジ 寄木の積み木 木箱入り

寄木の積み木 木箱入り




オークヴィレッジ 森のどうぶつつみき

森のどうぶつつみき




オークヴィレッジ 海のいきものつみき

海のいきものつみき




オークヴィレッジ 森の合唱団

森の合唱団




オークヴィレッジ 小さな森の合唱団

小さな森の合唱団




オークヴィレッジ あのまとぺ

あのまとぺ






WAVE CLIPS/ウェーブクリップス


WAVE CLIPS ウェーブクリップス ブランド紹介

本当に使いやすいキーリングとは?辿り着いたのは、円弧が連なったウェーブ形状。軽く、強く、使いやすい。そのすべてを兼ね備えた機能美は、最先端技術を支える特殊なばねのメカニズムによって実現しました。無骨なまでにシンプル。だからこそ、細部まで追求する。こだわる人のためのWAVECLIPSです。




WAVE CLIPSの商品一覧




スマートキーリング -WAVE CLIPS ウェーブクリップス

スマートキーリング






木村石鹸

木村石鹸 ブランド紹介
大正13年創業、大阪八尾市の老舗石鹸メーカー。釜で焚いた純石鹸からニッチな洗浄剤を多数つくっています。
暮らしへのこだわり・日常への気配り・貫いてきた流儀

とことんこだわり抜いて粋を凝らした品々だけを厳選するのはもちろん、暮らしの隅々まで気の利いた「Cシリーズ」はかゆいところにも手が届くニッチな商品をラインアップしたシリーズ。
小さな会社だからこそできる暮らしの隅々まで気の利いたこだわりを、きっと感じていただけるはずです。




木村石鹸の商品一覧



木村石鹸 自動製氷機の洗浄剤

自動製氷機の洗浄剤




木村石鹸 排水口の洗浄剤

排水口の洗浄剤




木村石鹸 排水管の洗浄剤

排水管の洗浄剤




木村石鹸 風呂床の洗浄剤

風呂床の洗浄剤




木村石鹸 お風呂まるごと洗浄剤(2回分)

お風呂まるごと洗浄剤(2回分)




木村石鹸 鏡の鱗状痕クリーナー

鏡の鱗状痕クリーナー




木村石鹸 鏡のくもり止め

鏡のくもり止め




木村石鹸 洗い流しのいらない洗面台クリーナー

洗い流しのいらない洗面台クリーナー




木村石鹸 トイレノズルの洗浄剤

トイレノズルの洗浄剤




木村石鹸 トイレタンクの洗浄剤

トイレタンクの洗浄剤




木村石鹸 スニーカー・上履の洗浄剤

スニーカー・上履の洗浄剤




木村石鹸 靴の消臭除菌パウダー

靴の消臭除菌パウダー




木村石鹸 洗濯槽の洗浄剤A(ドラム式洗濯機用)

洗濯槽の洗浄剤A
(ドラム式洗濯機用)




木村石鹸 洗濯槽の洗浄剤B(全自動洗濯機用)

洗濯槽の洗浄剤B
(全自動洗濯機用)




木村石鹸 汚れを取りやすくする襟袖スプレー

汚れを取りやすくする襟袖スプレー






ヨハク木工舎


ヨハク木工舎 ブランド紹介

”うつわ選びとものづくりの背景で食事を愉しく

群馬県上野村で伝統的な挽物技術で暮らしに寄り添う「木のうつわ」を中心にキッチン・インテリア小物を製造する小さな木工房です。
主役はあくまで料理。でもうつわという余白があって料理は生きると思う、うつわの持つ背景(ストーリー)が付加されることでもっと食事が愉しくなるはず。
うつわをお届けすることにより、皆さまの日々の暮らしをより良いものにするためのお手伝いをしていきます。





ヨハク木工舎の商品一覧




ヨハク木工舎 汁椀 ISHIZUE

汁椀 ISHIZUE






漆琳堂 | RIN&CO | aisomo cosomo


漆琳堂で手がけるのは異なるコンセプトの3ブランド
漆琳堂・RIN&CO・aisomo cosomo


漆琳堂 ブランド紹介
- 漆琳堂 -
美を塗る。藝を重ねる。
越前漆器は伝統工芸品であると同時に、日々の暮らしで使われる生活道具でもあります。
美しさと堅牢さを兼ね備える漆器をいっさいの手間を惜しむことなくつくり続ける。
それが漆琳堂の永代変わらぬ矜持です。

RIN&CO. ブランド紹介
- RIN&CO. -
わたしたちRIN&CO.が大切にしているのは北の地で考えられ、北の地で受け継がれてきた、北の地ならではのものづくり。

暮らしに自然と溶け込み、毎日をより上質に、より豊かにする道具をつくり続けること。
それがわたしたちの仕事と考えています。

aisomo cosomo ブランド紹介
- aisomo cosomo -
多くの人に、幅広く、うるしを使って欲しい。

そんな想いから福井県の漆琳堂が立ち上げたブランドaisimo cosomo。
その色使いと独特の風合いは印象的で、見る人を惹き付けます。

業務用漆器の製造をしてきたからこそ培った技術と経験に
裏打ちされた確かな商品を創り出します。




漆琳堂 取材記 (2022年ver)





今回の漆琳堂さんのインタビュー取材は2回目。「日本いいもの屋」創業当初の2014年頃、まだ日本いいもの屋のページも十分にできていなかった何者でもなかった私にも快く対応していただいたことは今でも鮮明に覚えています。

よろしければ2014年に取材させていただいた際の取材記もご覧ください。
漆琳堂さんの旧取材記へ

今では内田徹(うちだとおる)さんは漆琳堂八代目。勝手ながら一緒に成長してきたように感じていまして、ここであらためて漆琳堂さんのこれまでの変化とそしてこれからを取材記にさせていただきたいと訪れました。



さらに今回はまさに漆琳堂さんの変化の象徴である、若手職人さんの中でも今年入社されたばかりの山西夏美(やまにしなつみ)さんに取材もさせていただきました。

とはいえ、みなさまにはこの記事から見ていただいても楽しんで読めるよう、背景も含めあらためてご紹介していきたいと思います。


家族経営ではじまった塗師屋のストーリー

漆の樹液の特質を生かした伝統工芸品、越前漆器。福井県鯖江市河和田地区にある「漆琳堂」は、料亭などで使われる業務用の越前漆器づくりからはじまり、現在は家庭でも常用しやすい漆器を製造をされていらっしゃいます。

漆塗りは夏場と冬場の季節に応じて温度の調整が必要な伝統工芸です。湿度で固まる独特の性質を持っています。

「冬場は朝5時ぐらいから暖房をつけておかないといけない」そう教えてくださった内田さん。日本最古の漆器産地、福井県鯖江市で越前漆器の製造販売をされていらっしゃいます。


▼内田さん

川と田んぼがあり山に囲まれた曇天の多い気候の福井県は、まさに漆器づくりに適した環境。内田さんが入社した当時はご両親と3人で働かれていらっしゃいましたが、世代交代のことも考え若手の職人を育てるようになられました。

当時の仕事の流れを振り返り、こう話します。



「昔は毎朝、どの作業をするのか、家族で決めていました。今は1週間分の予定をあらかじめ決めています。時間を無駄にしないように」

数年前取材にうかがった際はまだ内田さん、お父様(当時の代表)、お母様でお仕事をされていました。

注文も増え、小さな工房だった時代に比べ忙しくなり、仕事のされ方も変わり、社内の雰囲気も全く違うものになっていたのはとても印象的でした。

こちらの画像はとても綺麗な漆琳堂さんのショールーム、当時は漆琳堂さんの会社の建物も全く違っていて、、その辺りは以前の取材記もぜひご覧ください。

漆琳堂さんの旧取材記へ


▼漆琳堂のエントランス


「ものづくりの魅力を広めること」が次のステップ

眼鏡の産地としても有名な鯖江市ですが、周辺の金沢駅では兼六園、福井駅では恐竜博物館と近隣にメインスポットがあるなか、鯖江市の観光産業をどのように発展させていくのかが、現在の課題だと語ってくださいました。

鯖江市の地域づくりの1つとして、2015年からはじめたイベントがあります。それが福井県鯖江市・越前市・越前町で開催される持続可能な地域づくりを見据えた工房見学イベント「RENEW(リニュー)」。内田さんは中心人物のひとりです。
写真:Tsutomu Ogino(TOMART:PhotoWorks)

漆器・眼鏡・和紙・刃物・箪笥(たんす)・繊維・焼き物など、つくり手の想いや技術を知れる貴重な機会として毎年イベントが開催されています。一般の方は工房内の見学など、普段目にできない場面を楽しめます。

内田さんを始め地域の方は、越前漆器以外の魅力を発信させるべく、奮闘されています。内田さんが展示会に行ったり、工房を空けてる間は若手の職人さんがリーダーとして仕事を管理されて後継者の育成も順調です。今年もまた2人の漆職人が入社し、活気づく工房。

こうして文章にすると簡単に聞こえますが、独自で後継者を育成するというのは本当に本当に大変なことで、さまざまな産地・作り手さんをうかがっていますが、漆琳堂さんの変化・成長は理想系なのでは、と感じています。

さてそんな漆職人、漆琳堂さんの採用基準としてはどんなことが重視されているのでしょうか。




現代の職人に求められるもの

「コミュニケーションが取れる人を重視しています。職人と聞くと、人と関わらず寡黙に作業をするイメージがあるのか『面接をしても全然喋らないな』って人もいて。何に困ってるのかわからないので、喋りすぎるぐらいの方が良いです (笑)」 。

返ってきたのは意外な答え。一見コミュニケーションはそれほど必要ないように思う職人ですが、漆琳堂さんでは全く逆の答えでした。

現代の職人さんはただ作るだけではなく、職人さん自身が伝えることも大切になってきていると感じます。もしかするとこの答えにはそんな側面もあるのかもしれません。 漆器のお椀を塗るさいに使用する道具の刷毛(はけ)、は引き方や流れは教えられても、力加減など感覚は自ら習得するしかありません。はじめて教える工程は動画を撮るよう指示し、目で学ぶように。指導方法は現代的です。



例えば、「私が1日100個塗るところを、最初のうちは1日10個を確実に塗ることを目標にさせています。最初から若手の職人にスピードを求めません」

1人2人と職人が増えるたびに、内田さんの教え方も向上したと振り返ります。「入社1ヶ月目で苦戦するポイントなど、ある程度は想像できるようになりました。『あの子も同じポイントで立ち止まっていたな』と思い出す」と、育てる側の変化もあったようです。


漆1滴1滴を越前漆器へ仕上げる、職人の舞台裏

次に越前漆器が仕上がるまでの工程を見学させていただきました。

漆は1本の漆の樹からわずか200gしか採れない大変貴重な樹液です。漆は塗料としてはもちろん、強力な補強材や接着剤の役割も果たします。


▼金継ぎ

陶器の修理に漆を活用した技法を「金継ぎ」と呼びます。漆と金で修復された陶器はよりいっそう価値が上がります。「料亭で出された陶器が金継ぎがされていると陶器を大切にされていらっしゃるんだ」と思われているそう。

続いて「漆漉し(うるしこし)」と呼ばれる部屋へ。



▼漆

九谷焼き(くたにやき)に入った漆は乾燥させないようにサランラップが使用されていますが、物が無かった以前は和紙に油を染み込ませたものを被せる工夫がされていたようです。



驚いたのは漆琳堂の検品の基準、これは私たちの想像をはるか超えた高いものでした


▼検品の際にひっかかったお椀(白い箇所は目印)

検品に引っかかった漆器は、素人には見つけられないほどの点(白い部分は、目印)。実物を拝見していましたが、よーく見て少しわかる程度の点でした。最後まで手をいっさい惜しみません。



最後に案内いただいたのは、塗りの部屋。こちらでは若手職人さんたちが集中して塗りの作業をされています。

これまで一貫して柔和な内田さんの印象が、塗りの部屋では一変したように感じました。作業をされる方の集中力を途切れさせないよう、そして埃が舞って塗りに入ってしまわないようにかなりの気を遣われている様子。

取材する側としても、ご迷惑をおかけするわけにはいかないので、ここでは一際緊張しました。



そしてこの奥がより繊細な塗りを行われる作業部屋。特別に静かにそっと内側に入らせていただきました。


▼右側が内田さんのお父様、左が若手職人の中でもリーダー的存在の嶋田さん



別の部屋では塗りをしたものを特殊な器具で接着させて、漆の溜まりができないように回転させながら乾燥させていきます。とにかくたくさんの時間と手間がかかる漆器。最後の検品ではねられてしまうのはとても悲しいですし、もったいない。塗りの部屋での繊細な理由にも十分納得です。

最後に入社1ヶ月半の山西さんにお話を伺いました。


漆に触れていない自分を想像できなかった


▼山西さん

京都の芸大で漆について学んでこられた山西さんの趣味は、日本美術の鑑賞。現在は福井のシェアハウスで生活をしています。大学院まで漆を学ばれてこられ、豊富な漆の知識をお持ちです。

「高校の進路を決める頃から、芸術・伝統工芸・ものづくり、『表現』の道に進むと決めていました。新卒の若い職人を採用してくださることは、本当に有難いことで、恵まれていると思います」



ほかの職に就くことを考えることはなかったのか伺うと「漆に触れていない自分を想像できませんでした」と、迷いのない一言。想像していなかった回答にすこし驚きました。

関西が地元の山西さんにとって、鯖江市は地元とは全く異なる環境。福井県にはじめて訪れたとき、びっくりしたエピソードがあったそうです。

「最終面接ではじめて鯖江市に足を運びました。バスは一日6本。約束の時間まで喫茶店で時間を潰せばいいわと思っていたら・・・。まあ、何もない。洗礼を受けた覚えがあります 」

めまぐるしい変化にも対応できる適応力をお持ちでありながら、今ではすっかり鯖江市に馴染まれていらっしゃいました。


上塗りを任せていただけるようになりたい

取材当日の山西さんの主な仕事は、漆を塗る前の準備段階の作業。漆の底の部分についた汚れやホコリを綺麗に取りのぞき、漆を塗る段階へとつなぐ重要なポジションです。



「漆は油分を弾く性質があるため、すこしでもお椀の底に油がついていれば、綺麗に塗ることはできません。直接自分が漆を塗る作業に携わっていなくても、仕上げに携わる意識を持っています」


▼回転ブロ 機械式の設備でゆっくり回し漆を硬化させていく

「少しでも何か当たれば傷になってしまいますので、回転ブロからお椀を取り外すさいは、ぶつからないように慎重に取り外します。お客様に納品できる状態なのか、しっかりと検品も行います」

これからの目標を伺うと「目の前のことをこなすのに、今は精一杯ですが・・・早く塗りができるようになりたいです。今日も新しい工程を教えていただいて」と、嬉しそうな表情が印象的。



新しい環境に飛び込むのは勇気と覚悟が必要です。女性ひとりで福井県に移住し大変なこともあるなかでも、充実した日々を過ごされているようでした。


漆の多様性は、人の心を喜ばせる


写真:shitsurindo

「北の地のものづくり」が表現されたという、「RIN&CO.(リンアンドコー)」は、まるで温かい部屋の明かりを連想させるようなカラフルな色と使うたびに馴染みやすいお椀の形が魅力です。


写真:shitsurindo

食器洗い機にも耐えられるほか、現代の食生活に合うような常用しやすいデザインに仕上げられています。「越前硬漆(えちぜんかたうるし)」にほどこされた美しい刷毛目(はけめ)は、まさに職人技。

もちろん山西さんも愛用されています。

「福井を訪れたとき菜の花が美味しい時期だったのですが、RIN&CO.のピンク色の器に菜の花のおひたしを盛り付けたときは、春を感じましたね。」



漆職人の道ははじまったばかりですが、すでに職人としてのしっかりとした考えを持っていらっしゃる山西さん。これからも内田さんの背中を見て技を学び、次回漆琳堂へお邪魔するさいは、さらに素敵な職人さんへ成長されているにちがいありません。


工房にそっと置いていかれたお便り

取材が終了した数日後、お客様から喜ばしいお便りが届いたようです。

「漆琳堂で働く皆さま 貴社の漆器を愛用させて頂いています。 鮮やかな発色と手になじむサイズが、使う度に私の心を喜ばせてくれます」

この感謝の想いに対し、内田さんは 「こんな経験、こんなにも嬉しいことは就業以来始めてで、一生懸命漆を塗ってきて良かった。これからもこれを書いてくれた方に恥じぬよう頑張りたい」と、喜びもひとしおのようです。


▼お客様からいただいたお便り

人の心を喜ばせ、生活を豊かにさせる、それが漆琳堂ブランド。

物に感謝をせず、おざなりな扱いをすることが増えた現代。手間と時間を掛けて、一生懸命作る職人さんの想いは、しっかりと届いています。

今回あらためて取材させていただいて、私自身がこのお客様のように漆琳堂さんそして内田さんのファンなんだということを実感しました。漆琳堂さんや内田さんの周りに人が集まるように、ここから生まれる商品は人を惹きつけるものに違いないです。

数年で着実に成長されている漆琳堂さん。これからも魅力ある漆器を手がけられ、後継者も育成されながら、一歩づつ進まれていくのだと思います。



日本いいもの屋ではこれからも、ひとりでも多くの方へ越前漆器の良さと共に想いも届けていけるよう尽力してまいります。

内田さん、山西さん、漆琳堂の皆様、取材にご協力いただき、ありがとうございました。



| 製造現場ムービー |










漆琳堂の商品一覧



漆琳堂 色拭き漆椀

色拭き漆椀




漆琳堂 内塗り椀

内塗り椀




漆琳堂 木地呂椀

木地呂椀




漆琳堂 小さな色拭き漆椀・大きな色拭き漆椀

小さな色拭き漆椀
・大きな色拭き漆椀









RIN&CO.の商品一覧



RIN&CO. 越前硬漆 刷毛目/椀S

越前硬漆 刷毛目/椀S




RIN&CO. 越前硬漆 刷毛目 / 平椀S

越前硬漆 刷毛目 / 平椀S









aisomo cosomoの商品一覧



aisomo cosomo 小鉢




小鉢




aisomo cosomo まめ皿




まめ皿




aisomo cosomo 湯のみ

湯のみ




aisomo cosomo 汁碗




汁碗




aisomo cosomo 飯碗

飯碗




aisomo cosomo こどものうつわセット 「kodomo」




こどものうつわセット
「kodomo」






BAGWORKS | バッグワークス


バッグワークス ブランド紹介

「世界で一番ちゃんとしたかばん屋さん」になることを目指して
日本一のカバン産地である兵庫県豊岡市で1954年に創業。“しごとのかばん”をコンセプトにしたファクトリーブランド「BAGWORKS / バッグワークス」を展開しています
いろいろな職業の人が使っている、丈夫で機能的な業務用バッグをモデルに、丈夫で機能的それでいて日常に使える「しごとのかばん」を作り出していきます。





BAGWORKS / バッグワークス 取材記



日本における4代鞄産地のひとつ「兵庫県豊岡市」。兵庫県北部は都会の活気ある雰囲気とは掛け離れ、豊岡市内には1300年以上の歴史を持つ城崎温泉があったり、1年を通して豊かな自然を楽しめる土地です。
鞄生産の7割を誇る豊岡市。創業1954年のBAGWORKS株式会社では”しごとかばん”をコンセプトとし、洗練されたアイデア力で多くの鞄製品を展開しています。

今回は代表の高島さんに、これまでの歴史や商品開発のエピソード、さらに普段聞けないお話を伺いしました。


社会の揺れに左右されない自社ブランドづくり
「豊岡というのは、もともとビジネス用の紳士服の産地だったんです。たとえば、箱物と言われるアタッシュケースやトランクなど、中に芯材が入った鞄が作られていました。徐々に、女性用の商品が増え、革を使用することも増え、質も向上しましたね」と高島さん。

こちらは豊岡が鞄の産地になったきっかけとなった「柳ごおり」

出典:豊岡市フォトライブラリー https://www5.city.toyooka.lg.jp/

昔の素材はビニールやナイロンを中心とした素材だったとか。さまざまな事を乗り越えて地場産業として成長し現在に辿り着いた豊岡市ですが、バッグワークスの歩みは海の波のように穏やかなものではありませんでした。

「創業から10年間は一般的な鞄を生産していたんですが、バブル崩壊後は取引先は中国製に頼るようになりまして。当時は売上が立たなくなり困りました。その頃インターネットの全盛期でネット販売の記事を新聞で読んだことがきっかけで、勉強をしてホームページも作ったりなんかして」

その後、新たに業務用の鞄を依頼されるようになり少しづつ売上を取り戻していきました。しかしそれはつかの間の喜びだったのです。

「次は2009年のリーマンショックが起きて、また売上がペケポンになったわけです。業務用だと企業の経済環境によって鞄の需要が左右されてしまう。より一般の方に好まれる製品づくりをするべきかなと思うようになりました」

バブル崩壊とリーマンショックの大きな経験から、製品づくりの方向性を見直すようになった高島さんは、自社ブランドを持つことに興味を持ち始め、同業種の勉強会に参加し始めました。

同じタイミングでコンサルティング会社に依頼されましたが、期待通りの結果には恵まれず「良い方はいらっしゃらないのかな」と諦めていたちょうどその時に現在も協働されている企業のコンサルティングを受ける機会に恵まれたそうです。


周りの声に耳を傾けた0からの始まり
担当の方からは「鞄を作っているのだから、業務用の鞄をモチーフにした鞄ブランドを展開してはどうですか?」とアドバイスを受けた高島さん。
『それならできるかもしれない』。そんな想いが芽生え、これまでのノウハウを活かし生まれたのが、待望のファクトリーブランド「BAGWORKS (バッグワークス)」です。

バブル崩壊・リーマンショックを経験されましたが、柔軟に対応された高島さん。人が新しい視点を素直に受け入れるのは簡単なことではありません。そんな対応力の秘訣をお聞きしました。

「植物が隙間を縫って生えるように、適者生存です」お互い経営者同士で、譲れない部分もあったはず。
高島さんは「すんなりと意見を受け入れられない人も正直いた」と、うなずき「ゼロのような気持ちで(コンサルティングの方の)話を聞きました。なおかつ、理論が素直で腑に落ちたんですよ」と語ってくださいました。

職人として時代の流れに沿っていくには、時には他の意見に耳を傾けることも大切だと気づかれていらっしゃったようです。

「これまでは軸のようなストーリー性があるものではなかったので、芯がなくどちらに行けばいいのかわからなかった。なおかつ田舎なので、おしゃれなものを作るわけにはいかない。自分達だけでは、方向が見えないのできっちりとしたブランディングが必要だと気づきました」

そんなバッグワークスの商品の名前は、ひとつひとつ職業にちなんで名づけられたものです。しっかりした生地と唯一無二のデザイン、そして耐久性は高島さんが培った経験そのもの。


「日本いいもの屋」が厳選した鞄
日本いいもの屋では、とりわけ実用的にご使用いただけるように、選りすぐりの3つをセレクトさせていただきました。

◆バイシクルマン2 

自転車のロードレースで補給食や飲料などを入れるための鞄を現代風にアレンジ。フランス語で鞄を意味するサコッシュ(Sacoche)をモチーフに作ったショルダーバッグ。

◆ドクターマンSD

診療で家へ訪問する際、持ち物の多いお医者さんが多用するバッグ。欧米では、ドクターズバッグと呼ばれ、大きく広い口が特徴。これなら、お医者さんも助かりますね!

◆ボーイスカウトマン2

アメリカのボーイスカウトの少年たちが使用していたリュックを、街で使用できるようリデザインされたもの。中の物も取り出しやすく、正面とサイドに大きなポケットつきです。

想像をかきたてられるユニークな発想力。これまでのノウハウを活かせるだけでなくバッグのアイデアが面白く実用的で便利、なのにおしゃれ。鞄のストーリーを伺うと想像が膨らみ大切に使いたくなる。人々はその背景に魅力を感じているのかもしれません。

また鞄だけではなく、バッグワークスで働く「人」の面にも変化がありました。


若手からの刺激と課題
「若手の存在は刺激となり、商品づくりに活かされていると思う」
これまで高島さんが表に出ることが多かったのですが、最近の展示会では若い方が出席するなど、小さな変化がありました。人を育てる意識を持ったことで製品づくりの刺激になったようです。

一方、”後継者育成”の問題に直面。
「私も後継者が必要な年齢になってきましたから、(後継者)を抜擢したかったのですが、(人材育成)に失敗してしまって」
会社の想いも一緒に受け継ぐ必要があるため、そう簡単にはいかない様子でした。

※職人さんが鞄を仕上げられる様子

また製品開発で難しいと感じたエピソードも語ってくださいました。
「私たちは、(製造を熟知していても)問屋業に関してはわかりません。地元にはたくさんのメーカーがあり、色々な人が携わっていて色んな情報や要望が入ってくる。肝心なテイストを調べるには(鞄の特徴を知るために)聞かないといけないですから」

企画・製造において、たびたび歯がゆさを感じられることもあったようです。さらにものづくりは「産地」というものが大きな影響を与えます。

「今はないけど、(新しいことを始めると)邪魔をするような雰囲気もありました。だけど各社が自由になり、豊岡の鞄が広がり東京の企業と繋がりはじめ、共同で行うこともある」と、同じ産地同士で協力し商売をしていると教えてくださいました。

昔はメーカーが直接企業と取引があると問屋との関係性に影響し、総スカンを受けるような状態になることもしばしばだったと。時代が変わり海の石がまるくなるように、人間の角もまるくなってきたのかもしれません。
高島さんは自社ブランドの展開だけでなく、OEMに近いかたちで企業の業務用として製造し納品もされていらっしゃいます。働く人が業務用で使う鞄がバッグワークスであったり、日常使いで使用していたり、垣根なくバッグワークスの鞄が広がっているのがわかりました。


頭をひねって生み出したアイデア
ここからは、赤い扉を開けて工房にお邪魔させていただきました。

中では職人さんたちが集中してバッグワークスのバッグを丁寧に縫製されています。



最も興味深かったのはこの工場の2階部分にある、倉庫。ここには歴史を振り返るように、過去に作られた鞄が並びます。山住みになった型紙。廃盤になったものも含めると、すごい量です。

業務用と自社ブランド両方があるので、もの凄い数です。「とにかく商品開発が大変で・・・」と何度も口にする、高島さん。

ユニークなアイデアは、ポーランド・チェコ・スロバキア・ハンガリーなど東欧を参考にしていらっしゃいます。

「ちょっと、ダサカワイイというのかな。こうやってコラージュにして壁に飾っているんです。デザインは派手さはないが、機能面が良い」と。デザインの方向性を決めるような、コンパスのような存在のコラージュもまた一つ一つ手作業で作られたものです。

※東欧をイメージしたコラージュ

次に見せてくれたのが参考にした実際の鞄達。バッグワークスの鞄の半分は、実在した仕事かばん。残りの半分は「ひねって編み出したものです」と高島さん。今回は参考にして作った2種類のモデルを見せていただきました。

①ボーイスカウトマンのモデルになった鞄

1番人気のあるボーイスカウトマンのモデルになったものです。かなりの年季を感じますが、しっかりとした生地と色味がビンデージっぽい。くたっとした生地も味わい深く感じます。
とても実用的なサイズ感で、目を付けられたことに納得です。

②ボーリングマンのモデルになった鞄

次に見せてくださったのは、ボーリングの玉を入れるために使用していた鞄。きちんと中にボーリングの玉が入るような作りになっています。中には玉が収まるような仕掛けに。取材中このアイデア力に感心し、面白いと何回連発したかわかりません。とにかくアイデア力が素晴らしい!

※中にはボールが入るように工夫されています

高島さんは、工房を案内くださる中「生地やパーツなど材料が揃うことが豊岡のつよみです」と教えてくださいました。ロゴや鞄に適したパーツがすぐ手に入るため、特殊な鞄の注文も入るのだとか。
コロナで売上が半分以下に落ちたときもあったそうですが、新しい視点を活かし職人さんと共に新アイテムを定期的に生み出してこられたのでした。


柔軟にかたちを変え続ける
今年67歳の高島さんは57歳で自社ブランドを設立。器用な手先とアイデア力、そして探究心でカタログもイラストレーターを使用しご自身で作られていらっしゃいます。

今でも商品開発のために勉強を続ける高島さん。「SDGsなど社会活動や環境のことにも力を入れなくてはと思っている」と今後の展望を明かしてくださいました。

日本では多くの企業は、1年で約3割、3〜5年で4〜6割が廃業に追い込まれる厳しい世の中。自社ブランドの展開、人の意見をすんなり受け止め若手にバトンを渡す高島さんの持つ「物腰の柔らかい話し方と人柄の良さ」に魅力を感じます。その人間力こそが、時代の流れに乗る秘訣なのかもしれません。

今回の取材で豊岡の伝統が続くように時代の流れに、順応し素直に受け入れることの大切さに気づかされました。
お話を伺ったあとで、入口の前でにっこりと微笑む高島さん。たとえ状況が変わっても、柔軟にかたちを変えて次の世代に受け継がれていくのでしょう。

バッグワークスの挑戦はまだまだ始まったばかり。次のものづくりのチャプターはどんな物語なのか、何が起きるのか、何を見せてくれるのか。次の新しい展開をお聞きするするのがたのしみです。

高島さん、ご協力いただきありがとうございました!









バッグワークスの商品一覧



バッグワークス BOYSCUTSMAN 2 ボーイスカウトマン 2

BOYSCUTSMAN 2
ボーイスカウトマン 2




バッグワークス DOCTORMAN SD ドクターマン ショルダー

DOCTORMAN SD
ドクターマン ショルダー




バッグワークス BICYCLEMAN 2 バイシクルマン 2

BICYCLEMAN 2
バイシクルマン 2







IITO


IITO ブランド紹介

紡績屋が糸からつくる”いい糸”を使ったこだわり定番カットソーブランド。
私たちが大切にしている3つのコンセプト「飾らない、気取らない」「スローファッション」「LIFEのclothes」
自信をもっておすすめできる本当にいい素材、ものだけを提案。
日々の生活に馴染む服は自然と手に取る回数が増え、自然と日常になじむ、長く使ってもらえる服を作っています。





IITO 取材記



「IITO(イイト)」は、綿花を糸で紡ぐ紡績屋さんから生まれたブランドです。
その名の通り、「いい糸」から織りなす服は、日々の生活にそっと馴染んで永く愛される定番アイテム。
毎日袖を通す服は、飾らず、気取らず、自分が本当に心地いいと思うものを選びたいですよね。IITOは、ベーシックだけど肌ざわりが良く、毎日の相棒になってくれるような洋服です。
今回は、そんなIITOを生み出す「第一紡績」さんにお邪魔し、心地よさを生み出す素材の秘密を探るために、糸になる前からの布づくりの工程を見せてもらいました。

案内してくれたのは、第一紡績でIITOブランドを立ち上げた高本さんです。



紡績から縫製までを行う「第一紡績」
有明海に面した熊本県荒尾市に「第一紡績株式会社」はあります。
第一紡績では、国内で唯一、綿花を仕入れるところから紡績、編み立て、染色加工、縫製までを自社工場で一貫して行なっています。工場の広さは約9万平米…!想像もつかない広さです。

第一紡績は、戦後間もない1947年に創業。戦後の食糧難を回復させるため、国の施策により漁業用の漁網をつくる紡績工場として誕生したそうです。その後、豊かな暮らしになるとともに、製網業から紡績業へ変化していきました。
紡績から縫製まで一貫して行うことを強みとし、紡績と染色加工の内製化により、海外品や他社にはマネのできない高品質で特長のある繊維製品を生み出しています。

糸の原料である綿花からこだわり、独自の技術で作り出した個性豊かな糸は、幅広いアイテムに活用されているほか、第一紡績オリジナルブランド「IITO」にも使用されています。


長年培った技術でつくる「糸」
IITOの最大の特徴は、もちろん“糸”。
第一紡績が長年培ってきた技術で開発した糸を素材として使用しています。
例えば、たっぷり空気を含ませた糸「ミッドエアー」。繊維のあいだに空気が含まれているので、この糸で編み上げた生地はふっくらとして温かく、軽いのが特長です。
このミッドエアーは、スウェットやパーカーに使用されています。


そのため、袖を通すとふわふわの肌ざわり...! そのうえ、糸が空気を多く含んでいる分、吸湿性が高く、乾きやすいので、汗をかいてもベタつかず、常に心地よい状態で着られます。まさに、理想的なスウェット生地です。


Tシャツに使用されているのは「ピュアブリーズ」。厳選された高級コットンを丁寧に紡ぎ、柔らかく丈夫な糸です。丁寧に天竺編みされてつくられた生地は、綿本来の光沢感となめらかでやわらかな肌触り。そのまま素肌に身につけても、サラリとした心地よさのある着心地です。


肌着から進化したIITO
「実は、『IITO』には前身に『荒尾の和糸』という肌着ブランドがあって、着心地と肌ざわりはそのときからとことん追求していました。『IITO』は、これまでの経験とノウハウを活かして、さらにしっくり肌に馴染むような着心地になっているんですよ」と高本さん。

紡績を専門とする第一紡績が自社ブランドの立ち上げを企画しはじめたのがおよそ10年前。しかし、価格で中国製に負けてしまったり、ファストファッションブランドが台頭したりという中でなかなかうまくいかず、ブランドを立ち上げては退くということを繰り返してきたそうです。
そこで原点に立ち戻り「純日本製で本当にいいものを届けよう」と、着心地を追求して立ち上げたのが肌着ブランド『荒尾の和糸』でした。

「荒尾の和糸が安定的に市場に出るようになると、『Tシャツもあったらいいよね』、『アウターも欲しいよね』という声が出るようになりました。それなら、とことん「糸」にこだわって自分たちの強みを活かしたブランドにしようと生まれたのが「IITO」です。現在はブランドをIITO一本に絞り、力を入れています」



強力なパートナーとの協働
しかし、第一紡績は優れた製品をつくる技術はあるものの、売れる商品をつくるノウハウを持ち合わせていませんでした。そこで、商品を売るためのアイデアを持つAREZZOの有田さんの力を借りることになりました。
「AREZZOの有田さんはもともと別の会社に勤めていたのですが、IITOブランドに惚れ込み、さらにうちの社長が有田さんを口説いたこともあり、このブランドを取り扱いたいがために今の会社に移った方です。商品開発のさまざまなアドバイスをいただくこともあり、現在は有田さんと協働しながら商品企画や販路づくりを行っています」

お客さまと近い場所にいる有田さんからのアドバイスで、Tシャツのシルエットやパーカーのジップの仕様など、細かな部分にまでこだわって改良が重ねられるようになったそうです。


試行錯誤の末に生み出される着心地
第一紡績では、糸になる前の原料から加工方法まで全ての工程にこだわります。どんな糸をつくろうか、どんな編み方にしてどんな着心地を目指すのか…自社で話し合い、試行錯誤を重ねることで、本当に心地良いと思える商品が生まれるのだそうです。
そんなお話を聞いていたら、糸をつくる工程が気になります……。そこで、工場を見学させてもらうことにしました。
***
工場に入って驚いたのは、圧縮されたコットンたちの山。まずは、ギュッと圧縮されたコットンを一夜かけてふわっとさせるところからはじまります。

コットンは世界中のいろいろな畑で育てられ、第一紡績に集められてきます。
「品種は同じでも、育つ場所によって違いが出てくるんです。例えば、コシヒカリだって新潟県産のものと石川県産のものって違いますよね。それを全部ひとつに集められたものを品質のバラつきが出ないように、機械で混ぜるんです」
畑で育ったコットンには葉っぱや木などが混じっていることも多く、キレイに取り除く作業を繰り返します。

それから、コットンの長さをそろえる工程が待っています。
洋服にするためには、繊維の長いコットンを使用するとキレイに仕上がるのだそう。逆に短い繊維のものは、綿棒の先や化粧用コットンに最適なのだとか。

コットンの大きなかたまりから、太く長く伸ばされ、ここからさらに伸ばして撚りをかけて粗糸にしていきます。

「ほぼ、ここまでで糸の品質が決まるんです。キレイにできるか否かの決め手は、温度・湿度の管理です。乾燥すると静電気が起きるので、そこに全部持っていかれちゃって品質が落ちてしまうんです。湿度が高すぎると今度は綿自体がベタベタしてしまうんですよ」と高本さん。
温度と湿度がある程度一定であることが、糸を紡ぐには大切な条件なのだそうです。機械が何通りもの働きをして糸を紡ぎますが、最終的には人の手の管理によって品質が保たれています。

撚りをかけられて、だいぶ糸に近づいてきました。


粗糸を引き伸ばし、何度も撚りを加えて強度を持たせ、細く繊細な「糸」へと整えられていきます。

こちらは染色機。綿は一度漂白してキレイにしてから染色することで、ムラにならずにキレイな仕上がりになるのだとか。


最後は、人の目によって検査をします。キズがないかどうか、色糸が混入していないか目視で確認していくのだそうです。
畑で育ったコットンに幾度も手が加えられ、撚りをかけられ仕上げられていく工程を見学させてもらうと、第一紡績の真摯にものづくりへ向き合う姿勢が伝わってきました。


丁寧に紡ぐ糸の温かさ
第一紡績の工場を見学させてもらうと、日々よい糸を追求して、長く愛される製品をつくるために努力を惜しまない姿がありました。


取材を通して見えてきたのは、「誠実でシンプルな定番の服だからこそ、最高の着心地を追求したい」という想いです。
ふんわり軽くてやわらかい、ついつい毎日手にとってしまうIITOの着心地は、単に素材や技術の結集だけでなく、丁寧に紡がれる温かさがあるからなのかもしれません。
「毎日袖を通すアイテムだからこそ、飾らないけど素材や仕様にこだわる上質な日常着を丁寧につくっていきたいです」と話す高本さんの姿が印象的でした。



| 製造現場ムービー |









IITOの商品一覧



IITO 紡績屋が糸からこだわったTシャツ

紡績屋が糸からこだわった
Tシャツ




IITO 紡績屋が糸からこだわったVネックカーディガン

紡績屋が糸からこだわった
Vネックカーディガン




IITO 紡績屋が糸からこだわったプルオーバー・トレーナー

紡績屋が糸からこだわった
プルオーバー・トレーナー




IITO 紡績屋が糸からこだわったパーカー

紡績屋が糸からこだわった
パーカー




IITO 紡績屋が糸からこだわったジップパーカー

紡績屋が糸からこだわった
ジップパーカー







ページトップへ